第4シーズン 『戦乱の嵐-後編-』

第1話『二本の剣/Two Swords』
第2話『獅子と薔薇/The Lion and the Rose』
第3話『奴隷解放者/Breaker of Chains』
第4話『誓約を果たすもの/Oathkeeper』
第5話『新王誕生/First of His Name』
第6話『裁判/The Laws of Gods and Men』
第7話『月の扉/Mockingbird』
第8話『山と毒蛇/The Mountain and the Viper』
第9話『黒の城の死闘/The Watchers on the Wall』
第10話(最終話)『世継ぎたち/The Children』






第1話『二本の剣/Two Swords』

ハウンドはアリアを連れて、谷間の叔母ライサに会いに行き、身代金
をもらうつもりでいました。一方、道化師のドントスは、以前サンサ
に命を助けてもらった御礼にと、サンサに首飾りを贈ります・・・。


ラニスター家の次男である、ティリオンが話しています。
「次男の立場から言わせてもらうと、俺は家族の恥であることに
慣れて育ってきた。」

Speaking as a fellow second son, I have grown rather used to
being the family insult.

~の立場から言わせてもらうと speaking as ~
【例】あなたの弁護士である立場から言わせてもらうと、これは
 まずい考えだ。
 Speaking as your lawyer, this is a bad idea.
同志 fellow
次男 second son
育つ、成長する grow  grown は過去分詞形
~に慣れて used to
侮辱 insult

「彼を知っているかのようにHalfhandについて話すな。」
「僕の兄だった。」

"Don't talk about the Halfhand as if you knew him."
"He was my brother."

~について話す talk about ~
~であるかのように as if ~
【例】私がどこへ行きたいか分かっているように話すんだね。
 You talk as if you knew where I wanted to go.


第2話『獅子と薔薇/The Lion and the Rose』

ジョフリー王とマージェリーの結婚の儀がおこなわれている最中、
ジョフリー王が毒殺されます。サーセイは弟のティリオンが
犯人だと決めつけ、彼を捕えます。一方サンサは、こっそり
都を抜け出しました・・・。


マージェリーは、結婚の儀で出された豪華な食事の残りは、民に
分け与える、と話していましたが・・・。
「王妃が残り物は犬にやるようにとおっしゃっています。」

The queen is telling you the leftovers will feed the dogs.

王妃 queen
料理の残り物 leftovers
【例】冷蔵庫の残り物はどのくらい長持ちするんだろう?
 How long can you leave leftovers in the fridge?
~に食物を与える feed

「君の兄が結婚式に出られないのは残念だ。」

It's a shame your older brother couldn't attend the wedding.

残念なこと shame
【例】他に方法がないのは残念だ。
 It's a shame there is no other way.
結婚式に出席する attend the wedding


第3話『奴隷解放者/Breaker of Chains』

ジョフリー王が暗殺され、立場が危うくなったサンサは、待っていた
船に乗ります。行く先にはベイリッシュが待っていました。約束の
賃金を渡したあと、ベイリッシュはサンサを連れて来た道化師の
ドントスを射殺してしまいます・・・。


ジョフリー王が暗殺されたとなると、サンサには身の危険が迫ります。
「あなたの父を処刑し、あなたを何年もの間苦しめてきた王が
殺された現場から、あなたは逃げた。」

The king who executed your father, who tormented you for years,
and you fled the scene of his murder.

~する/した(人)[関係代名詞] who
処刑する execute
ひどく苦しめる torment
何年もの間 for years
逃げる flee  fled は過去形
殺人現場 scene of a murder

ジョフリー王を暗殺した罪で、ティリオンは捕まりましたが、
ティリオンは無実です。
ジェイミー「何が起こったか、真実を突き止めるだろう。」
ティリオン「俺は裁判は望まない。」

"We'll get to the truth of what happened."
"I don't want a trial."

真実に到達する get to the truth
~を望んでいる want
裁判 trial


第4話『誓約を果たすもの/Oathkeeper』

サンサとベイリッシュは、叔母ライサを訪ねて、アリンの谷間に
向かいます。一方ジェイミーは、ヴァリリア鋼の剣をブライエニー
に渡し、サンサを探し出して保護するよう指示します・・・。


牢屋にいるティリオンに、ジェイミーは自分が人質であった
ときのことを話しています。
「俺は何ヶ月も自分のクソにまみれて木の棒に縛られていた。」

I was chained to a wooden post covered in my own shit
for months.

~に縛られて chained to ~
木製の棒 wooden post
~まみれで covered in ~
【例】家具はほこりとクモの巣だらけだった。
 The furniture was covered in dust and cobwebs.
クソ[下品な俗語] shit
何ヶ月も for months

サーセイのことについて話しています。
「幸運なことに、摂政女王は今かなり気もそぞろです、
亡くなったいとしい息子を嘆き悲しんで。」

Luckily for you, the Queen Regent is rather distracted
at the moment, mourning her dear departed boy.

~にとって幸運なことに luckily for ~
【例】あなたとって幸運なことに、私はこれを無料でします。
 Luckily for you, I do this for free.
摂政女王 queen regent
ずいぶん、かなり rather
気を取られて distracted
現在のところ at the moment
嘆き悲しむ、追悼する mourn
いとしい dear
亡くなった departed


第5話『新王誕生/First of His Name』

ジェフリーの弟トメンが、新王となりました。ベイリッシュ
とサンサは谷間に到着します。叔母のライサはベイリッシュ
に夢中で、彼がサンサに興味を示していることを知ると・・・。


長男であるジョフリーを失ったサーセイの悲しみは、ひとしおでした。
サーセイ「初めて生まれた子どもを愛するようには、世界中の
何も決して愛せないのよ。」

You never love anything in the world the way you love
your first child.

世界中の何も(~ない) anything in the world
~のように the way
【例】あなたを愛するように男の人を愛したことがなかった。
 I never loved a man the way I love you.
第1子 first child

叔母のライサは、息子のロビンに、到着した従姉のサンサを
紹介します。
ライサ「ピーターおじさんと私の前以外では、彼女を
サンサと呼んじゃだめよ。」

You're not to call her Sansa in front of anyone but
Uncle Petyr and myself.

~してはいけない be not to ~
~の前で in front of
~以外の誰も anyone but ~
【例】何週間も彼女以外の誰とも話してない。
 I haven't talked to anyone but my girlfriend for weeks.


第6話『裁判/The Laws of Gods and Men』

ティリオンの裁判が始まります。ティリオンの元恋人であるシェイ
が、ティリオンに裏切られたと思い込んで、嘘の証言を始めました。
聞くに耐えなくなったティリオンは、決闘裁判を求めますが・・・。


裁判では、ティリオンに不利な証言ばかりが続きます。
「彼は王の顔を平手打ちし、意地の悪いばか者呼ばわりしました。」

He slapped the king across the face and called him a vicious idiot and a fool.

~の顔を平手打ちする slap someone across the face
【例】彼女は彼の顔を平手打ちし、部屋を飛び出した。
 She slapped him across the face and stormed out of the room.
意地の悪い vicious
ばか idiot
ばか者 fool

上の場面の続き。裁判では、道化師ドントスに関する証言が
なされています。
「ドントスは最後に、サンサ・スターク、被疑者の妻を祝宴から
ひそかに連れ出すのを目撃されています。」

He was last seen spiriting Sansa Stark, the wife of the accused,
away from the feast.

最後に目撃される be last seen
【例】彼女は3年前にコルシカ島で最後に目撃された。
 She was last seen in Corsica three years ago.
~をひそかに連れ去る spirit
被疑者、容疑者 the accused
~から離れて away from ~
祝宴 feast


第7話『月の扉/Mockingbird』

谷間を治めるライサの館には、月の扉があり、穴ははるか下方に
落ちるように造られていました。嫉妬に燃えるライサは、サンサ
を月の扉から落とそうとしていました。そこへベイリッシュ公
が現れ・・・。


ライサは、サンサとベイリッシュ公がいちゃいちゃしていた、と
嫉妬に燃え狂います。
ライサ「うそはつけないわよ、私はこの目で見たんだから。」
サンサ「彼がキスしてきたの。私は体を離したわ。」

"You can't lie to me because I saw it with my own eyes."
"He kissed me. I pulled away."

~にうそをつく lie to
~を自分の目で見る see ~ with one's own eyes
【例】幽霊をこの目で見たよ。
 I saw a ghost with my own eyes.
体を離す pull away

ベイリッシュ公がライサに告げます。
「私が生涯で愛した女性は一人、たった一人しかいない。
お前の姉だ。」

I have only loved one woman, only one, my entire life.
Your sister.

ただ一つ only one
全生涯 entire life
【例】生涯でレントゲンを撮ったのはこれがまさに初めてだったよ。
 In my entire life this was the very first time I had an xray.


第8話『山と毒蛇/The Mountain and the Viper』

赤い毒蛇というあだ名を持つオベリンが、ティリオンの代理
闘士となって、決闘裁判でマウンテンと戦うことになりました。
有利に立った毒蛇は油断して・・・。


「彼の顔は私が理解できない言語で書かれた本のページの
ようだった。」

His face was like the page of a book written in a language
I didn't understand.

~のような like
~で書かれた written in ~
【例】このサイトは日本語で書かれています。
 This website is written in Japanese.
言語 language

マウンテンを倒しそうになっている毒蛇が言います。
「俺がなぜはるばるこの都のくさいクソ溜めにやって来たか
知ってるか?」

Do you know why I have come all the way to this stinking
shit-pile of a city?

~にはるばる/わざわざやって来る come all the way to ~
セリフの come は過去分詞形
【例】私を迎えにホテルまでわざわざ来ることはできますか?
 Can you come all the way to the hotel to pick me up?
くさい stinking
クソ溜め shit-pile


第9話『黒の城の死闘/The Watchers on the Wall』

黒の城が、野人によって攻撃されました。ジョン・スノウたち
冥夜の守人は、人数で圧倒的に劣っているなか、懸命の戦い
を続けます。そのさなか、ジョンは愛するイグリットと再会
しますが、今は敵同士です・・・。


ジョンはイグリットと再会しますが・・・。
イグリット「洞穴を覚えてる?私たちあそこにいるべきだった。」

Do you remember the cave?
We should have stayed in the cave.

洞窟、洞穴 cave
~するべきだった(なのにしなかった) should have +動詞の過去分詞形
【例】この渋滞は予測するべきだったね。
 We should have anticipated this bad traffic.
とどまる stay

ジョンたちは、ひとまずは野人の軍を追い払うことに成功します。
「1日2日は野人を阻止できるかもしれないが、決して負かすことは
できない。」

Maybe we can hold them off for a day or two, but we'll never beat them.

もしかすると maybe
阻止する、退ける hold off
1~2日間 for a day or two
【例】その本を1日か2日持ってていいよ。
 You can keep the book for a day or two.
打ち負かす beat


第10話(最終話)『世継ぎたち/The Children』

兄のジェイミーに助けられて、処刑を待つばかりだったティリオンは
脱獄します。ティリオンは、父の寝室にいるシェイと、厠にいた
父タイウィンに決着をつけます・・・。


サーセイは、母親がお産で命を失ったのは、ティリオンのせいだと
思っています。
ジェイミー「お前は本当にそれがティリオンのせいだと思うほど
気が狂っているのか?」

Are you really mad enough to blame him for that?

気が狂って mad
~するのに十分な enough to ~
【例】あなたは投票ができる年齢なの?
 Are you old enough to vote?
~のせいにする、~の責任にする blame

脱獄したティリオンを見て、父のタイウィンは驚きます。
タイウィン「誰が解放した?ジェイミーだな。
あいつはいつもお前に弱かった。」

Who released you? Your brother, I expect.
He always had a soft spot for you.

解放する release
~に弱い、~が大好きである have a soft spot for ~
had は過去形
【例】この人が大好きなの、先に行動を起こすべきかな?
 I have a soft spot for this guy, should I make the first move?


海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」その他のシーズンへは、
こちら↓から飛んでくださいね。
第1シーズン 第2シーズン 第3シーズン 第4シーズン 
第5シーズン 第6シーズン 第7シーズン 第8シーズン