その他海外ドラマ

海外ドラマ「BELIEVE/ビリーブ」の英語セリフで英会話/8~13話

投稿日:2017-09-22 更新日:

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】

海外ドラマ「BELIEVE/ビリーブ」

第1話~第7話
第8話『潜入工作』
第9話『第二の少女』
第10話『密室の攻防』
第11話『運命の分かれ道』
第12話『青い蝶』
第13話(最終話)『ボーナス・エピソード』


第8話『潜入工作/Together』

スクーラス博士は、ボーが超能力を使うとセンサーが働いて、ボーの
居場所を特定できる装置を作動させました。なんとか逃げることが
できたウィンターたちは、センサーを阻止する計画を立てますが・・・。

 

ボーの超能力の訓練を急ぐウィンターに対して、テートは
批判的です。
ウィンター「そんな余裕はない。先回りしないと。」

We don’t have that luxury.
We have to be proactive.

余裕 luxury
【例】傷が癒えるまで待つ余裕はない。
We don’t have luxury to wait till our wounds are healed.
luxury には他に「ぜいたく」などの意味もあります。
先回りした、先を見越した proactive




テートはボーに、ボーの母親であるニーナとの馴れ初めを
話しています。
テート「その後起こったことは子ども向けじゃない。」

What happened then’s not so kid-friendly.

その後 then
それほど/そんなに~ない not so ~
~に適した、~にとって分かりやすい -friendly
【例】このノートパソコンはとても使いやすい。
This laptop is very user-friendly.

ウィンターたちは、ボーの居場所を特定してしまうセンサーを
阻止するため、スクーラス博士の研究所に侵入します。
ウィンター「ここに戻ってくるとは思いもしなかった。」
チャニング「私もよ。」

“I never thought I’d be back here.”
“Makes two of us.”

戻って back
(同意見であることを示して)私もです。 Makes two of us.
【例】「仕事で疲れ果てたよ。」「僕も。」
“I’m exhausted from work.”
Makes two of us.

 


第9話『第二の少女/Prodigy』

チャニングを捕えたスクーラスは、人の心が読める超能力者の
助けを借りて、チャニングからボーの居場所を聞き出そうとします。
一方、ボーの能力を超えると思われる少女、ダニが発見され、
スク―ラスの研究所にやって来ますが・・・。

 

マーガレットはバイオリンの才能がある少女。そのマーガレットの
練習方法をめぐって、彼女の両親が対立します。
父親「マーガレットは毎日練習してる。
子どもは人生を楽しむべきだ。」

She practices every day.
Kid’s got to have a life.

Kid’s = Kid has
has got to = has to
人生を楽しむ have a life
【例】私は人生を楽しんでるわよ。大好きな仕事に就いているし、
素晴らしい家族がいるの。
I have a life. I have a job that I love and I have a great family.

マーガレットのバイオリンの腕前を褒めるボーに、マーガレットが
言います。
マーガレット「第2フレーズで間違えたわ。」

I made a mistake in the second phrase.

間違える make a mistake
【例】申し込みをしようとしたときに、メールアドレスを間違えたのかも。
Maybe I made a mistake in my email address
when I tried to subscribe.
made は make の過去形
音句、フレーズ phrase

ボーとテートは、未来の予言について、マーガレットたちに
話しました。ボーに。
テート「スーザン(マーガレットの母親)の顔を見たか?」

Did you see that look on Susan’s face?

(人)の顔つき look on someone’s face
【例】サムの顔つきを見たとき、大笑いした。
I laughed out loud when I saw the look on Sam’s face.

 


第10話『密室の攻防/Collapse』

ボーは地下鉄で、フェレル捜査官と彼女の娘に危険が及ぶ予知夢
を見ます。ボーとテートは地下鉄に向かいますが、フェレル捜査官
が脱走犯のテートを捜している事情もあり、テートは気が進みません・・・。

 

地下鉄のホームで。フェレル捜査官が、娘に話しかけています。
フェレル捜査官「ねえ、サシャ、そんな端近くに立たないで。」

Hey, Sasha, don’t stand so close to the edge.

~の近くに close to ~
【例】その空港はスペインとの国境近くに位置しています。
The airport is located close to the border with Spain.
端 edge

テートたちが地下鉄のホームにいると、爆発が起こりました。
ボー「ほとんど聞こえないわ。」
テート「俺の頭も鳴り響いてるよ。」

“I can barely hear you.”
“My head’s ringing too.”

ほとんど~ない barely
(耳・頭が)鳴る ring
【例】爆発のせいで耳鳴りがしている。
My ears are ringing from the explosion.

排水溝をたどって、外への抜け道を探すテートたちですが、
携帯電話も懐中電灯も切れてしまいます。
テート「すまない、今日は奇跡が少し不足してる。」

Sorry, we’re a little short on miracles today.

~が不足して short on ~
【例】少し現金が足りないんだ。ちょっと助けてくれる?
I’m a little short on cash. Can you help me out a bit?
奇跡 miracle

 


第11話『運命の分かれ道/Revelation』

ボーを超える超能力者ではないか、と期待されていたダニですが、
想像以上に”劣化”が進んでいました。一方ボーは、逃げ隠れする
生活に終止符を打つため、スク―ラス博士に直接会って話す、と
言い出しますが・・・。

 

ダニの腕に、得体の知れない物が現れ始めました。
ダニ「シャツの袖に染み出し始めたの。」

It started leaking through my shirt sleeve.

~に染み出す、~を通して漏れる leak through ~
【例】なぜ油は微小孔を通して漏れるのに水は漏れないの?
Why does oil leak through micropores but water doesn’t?
シャツの袖 shirt sleeve

ダニを診察している医師が言います。
医師「許可なしに人の心を読むのは礼儀正しくないわよ。」

It’s not polite to read people without their permission.

~するのは礼儀正しくない it’s not polite to ~
(人の心を)読む read
(人)の許可なしに、無断で without someone’s permission
【例】誰かが無断で私の口座から金を取ったの。
Someone took money from my account without my permission.

ボーは、スク―ラス博士に直接会って話す、と言い出します。
ボー「(スク―ラス博士に)私たちから手を引くように頼むの。」
テート「賛成するとは思わないな。」

“We would ask him to leave us alone.”
“I don’t think he’d go for that.”

・・・に~するように頼む ask ・・・ to ~
~をそっとしておく、~から手を引く leave ~ alone
~を支持する go for ~
【例】彼らは民主党を支持している。
They’re going for the Democrats.

 


第12話『青い蝶/Second Chance』

ダニは、スク―ラス博士に決定的なダメージを与えるため、
ボーを追います。スク―ラス博士はなりふり構わず、ウィンターに
助けを求めます。その頃、何も知らないボーとテートはメキシコ
を目指していましたが・・・。

 

スク―ラス博士はなりふり構わず、ウィンターに助けを
求めにやって来ました。
スク―ラス博士「哲学を議論しに来たんじゃない。」

I didn’t come here to debate philosophy.

~しにここへ来る come here to ~
【例】侮辱されにここに来たんじゃないわよ。
I didn’t come here to be insulted.
~について議論する debate
哲学 philosophy

チャニングはスク―ラス博士が病室にいることで、
ウィンターに怒りをぶつけています。
チャニング「素手であいつを絞め殺さない理由が
あるなら言って。」

Give me one reason I don’t strangle him
with my bare hands.

理由を人に話す give someone a reason
絞め殺す strangle
素手で with one’s bare hands
【例】昨日素手で大きな魚を捕まえたよ。
I caught a big fish yesterday with my bare hands.

ダニは、ガスが充満した部屋に閉じ込められていますが、
平気な様子です。
チャニング「もう意識を失ってるはずよ。」

She should be unconscious by now.

~のはずである should
【例】ああいうコートならだいたい20万円はするはずだよ。
A coat like that should cost about 200,000 yen.
意識を失った unconscious
今頃はもう by now

 


第13話(最終話)『ボーナス・エピソード/Perception』

ボーとテートは、ニューヨーク州にある、ある小さな町にたどり
着きます。ボーがここへやって来たのは、偶然ではなく、ある
父子を助けるために導かれたのでした・・・。

 

ウィンターが、ボーについて語っています。
ウィンター「ボーは人助けをするために生まれてきたんだ。」

She was born to help people.

~するように生まれついている be born to ~
【例】私たちはみんな人生で成功するために生まれてきたんだ。
We were all born to be successful in life.

スティーヴは、妻が行方不明になったころ、自らも森に入って
いました。
「あなたは靴や服に泥がついてたわ。」

You had mud on your shoes and clothes.

・・・が~についている have ・・・ on ~
had は have の過去形
【例】顔にクリームがついてるよ。
You have cream on your face.
泥 mud

ボーがテートに、ダンスが踊れるかどうか尋ねています。
テート「おまえの母さんは達人だったが、俺は不器用なんだ。」

Your mother was an expert.
I have two left feet.

達人、名人 expert
不器用 two left feet
【例】不器用でも、ダンスができるようになりますか?
If I have two left feet, can I still learn to dance?
左足が2本ある・・・面白い英語表現ですね。

 




-その他海外ドラマ
-

執筆者:

関連記事

海外ドラマ「THIS IS US 36歳、これから」の英語セリフで英会話/第1シーズン13~18話

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 海外ドラマ「THIS IS US 36歳、これから」第1シーズン 第1話~第6話 第7話~第12話 第13話『愛の告白/Three …

海外ドラマ「ジーニアス:ピカソ」の英語セリフで英会話/6~10話

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 海外ドラマ「ジーニアス:ピカソ」 第1話~第5話 第6話/Picasso-Chapter Six 第7話/Picasso-Chapt …

海外ドラマ「アフェア 情事の行方」の英語セリフで英会話/第1シーズン6~10話

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 海外ドラマ「アフェア 情事の行方」第1シーズン エピソード1~エピソード5 エピソード6 エピソード7 エピソード8 エピソード9 …

海外ドラマ「GOTHAM/ゴッサム」の英語セリフで英会話/第3シーズン8~14話

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 海外ドラマ「GOTHAM/ゴッサム」第3シーズン 第1話~7話 第8話『ウイルスの囁き』 第9話『処刑人』 第10話『破壊の足音』 …

海外ドラマ「ベター・コール・ソウル」の英語セリフで英会話/第1シーズン6~10話

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 海外ドラマ「ベター・コール・ソウル」第1シーズン 第1話~第5話 第6話『警官/Five-O』 第7話『ビンゴ/Bingo』 第8話 …