海外ドラマ「ブレイキング・バッド」第4シーズン
第1話『ガスの怒り』
第2話『生き地獄』
第3話『マリーの苦しみ』
第4話『厄介な存在』
第5話『ハンクの推理』
第6話『それぞれの不安』
第7話『面倒な犬』
第8話『ガスの過去』
第9話『膨らむ疑惑』
第10話『復讐の杯』
第11話『降りそそぐ危機』
第12話『憎しみの行方』
第13話(最終話)『フェイス・オフ』







第1話『ガスの怒り』

ウォルターとジェシーは、ラボに閉じ込められますが、この先何が
起こるかわかりません。ウォルターは、ブルー・メスを作ることが
できるのは自分たちだけだ、と主張しますが、数週間手順を見てきた
ガスの手下が作業を始めます・・・。


回想シーン。新しいラボを準備しているゲイルに、ガスが聞きます。
ガス「いつ稼働すると思うかね?」
ゲイル「1ヶ月以内、といったところでしょう。」

"When do you think we'll be up and running?"
"Within a month, I'd say."

(機械などが)稼働して up and running
【例】電子メール・システムは稼働していますか?
Are you up and running with the e-mail system?
~以内に within
~だろうと思います I'd say = I would say
【例】救急車を呼ぶ必要があると思うよ。
I'd say he needs an ambulance.

妹のマリーが、ハンクの治療費の請求書を持って訪ねて来ました。
マリー「あなたたちの負担になってきているのなら言ってね。」

Please tell me if this is getting to be too much for
you guys.

~するようになる get to ~
getting は現在分詞。t が重なります。
~には荷が重すぎて、負担で too much for ~
【例】この大量の仕事量は私には荷が重すぎます。
This heavy workload is too much for me.

心配するウォルターをよそに、ジェシーは新しい化学者なんか
見つかりっこない、と言います。
ジェシー「あの大きさのラボを運営できる人ならいいという
わけじゃない。」

It's not just about somebody being able to run a lab
that big.

~だけの問題ではない it's not just about
【例】勝つことだけが問題なのではない、最高であることだ。
It's not just about winning, it's about being the best.
~することができる be able to ~
~を運営する、経営する[他動詞] run
run には他に自動詞で「走る」などの意味もあります。
(化学薬品などの)製造所 lab = laboratory



第2話『生き地獄』

護身のため、ウォルターは銃を購入します。ウォルターは、なんとか
ガスに会おうとしますが・・・。ウォルターの妻スカイラーは、洗車場
を買う策を考えています。一方ジェシーは、パーティー三昧で、だらし
のない私生活を送っていました・・・。


ウォルターは、小型の銃を買おうとしています。
銃の売主「それなら引くとき、ベルトにひっかからない。」

It doesn't catch on your belt when you draw.

~にひっかかる catch on ~
【例】速足で歩いていたら、足が何かにひっかかったの。
When I was walking fast, my foot caught on something.
caught は catch の過去形です。
引く draw

ジェシーが、オーダーしたピザを見て言います。
ジェシー「よお、パイはどうなってるんだ、おまえ?切れてないぞ。」

Yo, what's up with the pie, man? It ain't cut.

よお、おい yo
~はどうなっているのか what's up with ~
【例】この妙なエラーメッセージはどうなってんの?
What's up with this weird error message?
ain't[非標準] = is not
ジェシーは、こういった感じの口調で話す男の子、という設定です。
英語セリフで味わってみてください。

スカイラーは、洗車場を買おうとしますが、オーナーは昔働いていた
ウォルターの悪口を言います。
オーナー「あなたの夫は通知もせずに辞めた。」

Your husband, he quit without giving me notice.

(職などを)辞める quit
~することなしに without ~ing
予告する、通知する give notice
【例】従業員が2週間後の退職通知をしてきた。
My employee gave me two weeks notice.



第3話『マリーの苦しみ』

なんとしても洗車場を買いたいスカイラーは、弁護士のソウルに相談
しています。ウォルターも買うことに賛成し始めました。一方、
リハビリ中のハンクと夫婦仲がうまくいかないマリーは、また昔の
悪い癖が出てしまいます・・・。


マリーは、ハンクに頼まれた物を買って帰って来ました。
マリー「あなたの好きな保湿クリームを買うのに
3軒回らなきゃならなかったわ。」

I had to go to three different places to get the
moisturizer that you like.

店 place
保湿クリーム moisturizer
(~である)[関係代名詞] that
あなたの好きな~ ~ that you like
【例】他に好きな種類の食べ物はある?
Are there any other types of food that you like?

マリーは、自分の身分を偽って、いろいろな不動産を見て回るように
なりました。
マリー「乾いてさえいれば、屋根裏部屋のほうがもっといいかもね。」

An attic might be even better, as long as it's dry.

屋根裏部屋 attic
~のほうがいいかもしれない might be better
【例】朝食つきだから、こっちのほうがいいかもね。
This one might be better because it includes
breakfast.
[比較級を強調して]もっと、さらに even
~さえすれば、~する限りは as long as ~
乾燥した dry

スカイラーは、高価なシャンパンを買ってきたウォルターを
責めます。書類上は、二人は破産しているはずなのです。
スカイラー「電話代が払えるように、あなたの失業手当が手に
入るのを待っているの。」

I'm waiting for your unemployment check to come
so I can pay the phone bill.

~が来る/手に入るのを待つ wait for ~ to come
【例】母親が来るのを待ってるの。
I'm waiting for my mother to come.
失業手当 unemployment check
~するように[目的] so
電話代を払う pay the phone bill


第4話『厄介な存在』

スカイラーは、妹夫婦に洗車場を買うことになったいきさつをでっち
あげるために、入念にリハーサルをします。一方、ハンクが持っている
捜査の資料を見たウォルターは、ジェシーの身が危ない、と案じますが・・・。


ウォルターがギャンブルで大儲けした、という話を妹夫婦に
でっちあげるスカイラーは、入念に準備をしています。
スカイラー「何も成り行きには任せないわよ。」

We're not leaving anything to chance.

~を成り行きに任せる leave ~ to chance
【例】自分の将来を成り行き任せにはしないよ。
I'm not going to leave my future to chance.
leaving は現在分詞。e が取れます。
[否定文で]何も anything
上のセリフは、be動詞+動詞の-ing形の進行形で、近い未来の
予定を表しています。

ウォルターのギャンブルの話を聞いて、息子のジュニアは面白
がっています。
ジュニア「正確にいくら勝ったの?」
ウォルター「正確な数字は分からない。」

"How much did you win exactly?"
"I don't think I have exact figures."

正確に、厳密に exactly
正確な数字 exact figure
【例】正確な数字を言う権限は私にはないのです。
I am not authorized to tell you the exact figure.

マイクがジェシーに、金を盗んだ男を知っているか聞いています。
マイク「奴はまる3日間君の家にいたよ。」

He's been at your house for three solid days.

(人)の家にいる be at someone's house

(時間が)ぶっ続けの、まるまる solid
【例】まるまる3時間待ったよ。
I waited for three solid hours.
solid には他に「固体の」などといった意味もあります。
上のセリフは has +過去分詞 の完了形。今の状況が、過去の
ある時点から継続していることを表しています。


第5話『ハンクの推理』

ジェシーがマイクといっしょにどこかへ行ってしまい、理由もわから
ないウォルターは、一人でメス作りをさせられて苛立ちます。一方、
スカイラーとの仲は良好になってゆき、ウォルターとの別居を解消
する話が持ち上がります・・・。


ウォルターは、自分に何かあったら、スカイラーに全額お金を
渡すように、ソウルに伝えています。
ウォルター「(お金を)ごみ袋に詰め込んだって構わない。」

I don't care if you stuff it in trash bags.

~だって構わない not care if ~
・・・を~に詰め込む stuff ・・・ in ~
【例】書類をただ行き当たりばったりの場所に詰め込んだん
じゃないわよ。
I didn't just stuff papers in random places.
ごみ袋 trash bag

ジェシーを探しているウォルターに電話がかかってきて、
ジェシーはマイクといっしょに車で出かけている、と言います。
ウォルター「(マイクは)どこへ行くんだ?」
ジェシー「知るかよ。」

"Where is he going?"
"Beats me."

知るもんか。さあね。 Beats me.
【例】「(それは)やる価値があるのか?」
「さあね。」
"Is it worth doing?"
"Beats me."

マイクはジェシーを車に乗せて、隠してあった現金を取りに来ています。
マイク「今日はあと6回これをしなきゃならない。」

We got to do this six more times today.

~しなければならない got to = have got to
あと~回 ~ more times
【例】あと2回彼と連絡を取るようにします。
I will try to contact him two more times.


第6話『それぞれの不安』

妻のスカイラーは、ウォルターが危険な目に遭っていると勘付き
ますが、ウォルターはシラを切り続けます。一方ウォルターは、
マイクがジェシーを連れて仕事をするようになった裏には何かある、
と思い悩みますが・・・。


ウォルターは、買い上げた洗車場を訪れます。
洗車場の元オーナー「(奥さんには)価格を決めたとき
さんざんやられたよ。」

She gave me a hard time when we settled on price.

~をさんざんな目に遭わせる give someone a hard time
【例】面接でさんざんな目に遭ったよ。
They gave me a hard time at the interview.
gave は give の過去形です。
決める settle on
価格 price

息子のジュニアを、車で送って行っているウォルターが言います。
ウォルター「学校は後でいい。ちょっと回り道しないか?」

School can wait.
Why don't we take a little detour?

後でいい can wait
【例】洗濯は明日でいいわ。
The laundry can wait until tomorrow.
~しないか?[誘うときの表現] why don't we ~?
回り道をする take a detour
detour の発音は[ディートゥア]といった感じです。

ウォルターは、ジェシーがマイクといっしょに仕事をしている
ことが怪しく思えてなりません。
ジェシー「俺はマイクを強盗から救ったんだ。」

I saved Mike from getting robbed.

・・・を~から救う save ・・・ from ~
【例】彼はイヌを凍死から救った。
He saved the dog from freezing to death.
強盗に遭う get robbed
getting は現在分詞。t が重なります。


第7話『面倒な犬』

ガスが自分の命を狙っていると考えるウォルターは、先手を打とう
と策を講じます。一方、洗車場の運営を始めたスカイラーは、夫
ウォルターの稼ぐ金額の多さに驚きますが・・・。


ガスが、自分の命を狙っているのは知っていますが・・・。
ウォルター「後は待つだけだ。」

All that's left is to wait.

後は~だけである all that's left is to ~
【例】後は片付けをするだけだ。
All that's left is to clean up the mess.

ウォルターは、ガスの先手を打ちたいのですが・・・。
ウォルター「(ガスには)どこにも近づけない。」

I can't get anywhere near him.

近づく get near
【例】爆発現場に近づいてはいけません。
You can't get near the site of the explosions.
[否定文で]どこにも anywhere

ジェシーは集会に出席して、ここに来ていた目的がドラッグを
売るためだったことを告白します。
ジェシー「君らは俺にとってお客にすぎなかったのさ。」

You're nothing to me but customers.

~にすぎない nothing but ~
【例】おまえは私にとって根性なしの弱虫にすぎない。
You are nothing to me but a gutless wimp.
私にとって to me
顧客、取引先 customer


第8話『ガスの過去』

事件の被害者であるゲイルの家から、ガスの指紋が見つかりました。
捜査官に質問されたガスは、見事な説明を用意していました。ただ
一人、ハンクだけはガスを疑い続け、こともあろうにウォルターに、
ガスを探る手助けをさせようとしますが・・・。


捜査官は、やはりガスは麻薬がらみの事件とは関係ない、と
結論づけます。
捜査官「奨学金とアリバイは裏を取りたい。」

I wanna follow up on the scholarship, the alibi.

wanna = want to
~を徹底的に追及する、裏を取る follow up on ~
【例】すべての事件を徹底的に追及します。
We will follow up on all cases.
奨学金 scholarship
アリバイ alibi

ジェシーは、弁護士のソウルに頼んで、元ガールフレンドに
生活費を届けています。
ソウル「毎週小切手を届けるのは構わないよ。」

I don't mind dropping checks off every week.

~するのは構わない、気にしない not mind ~ing
(荷物を)配達する、届ける drop off
【例】贈り物を届けに来たよ。
I'm here to drop off these gifts.
dropping は現在分詞。p が重なります。
小切手 check

ハンクは、どうあってもファーストフード店のオーナーである
ガスが怪しい、と考えています。
ハンク「心の底で何かが、ヤツこそ俺の追ってる男だって言うんだ。」

Something deep down says he's my guy.

何か something
心の底で、内心 deep down
【例】彼女は関心がないように見えるが、内心とても喜んでいる。
She looks indifferent but deep down she's very pleased.


第9話『膨らむ疑惑』

スカイラーは、洗車場の経営がうまくいっているため、そろそろ
ウォルターに、ドラッグのビジネスから引退してほしいと考えます。
そんなスカイラーに、元職場の社長であるテッドが相談に訪れ、
会社の経理の不正がバレそうであると打ち明けます。


スカイラーは、ウォルターに電話をかけます。
スカイラー「今、都合悪い?」

Am I catching you at a bad time?

(人)の都合の悪い時間に訪問/電話する
catch someone at a bad time
【例】都合が悪かったんだ。締切があったんでね。
You caught me at a bad time. I got a deadline to meet.
caught は catch の過去形です。

ハンクはウォルターに、ガスが所有する供給工場が怪しいので
連れていってほしい、と頼みますが・・・。
ウォルター「1日か2日遅らせられないか?」

Do you think you could possibly hold off for a day or two?

[可能性・提案などを表す婉曲的な表現] could
[ can と共に用いて](はっきりしないが)~だろうか possibly
【例】買い物してきてくれないかしら?
Do you think you could possibly do some shopping for me?
遅らせる hold off
1日か2日 for a day or two

不正経理がバレそうなテッドを助けに来たスカイラーは、
おバカな経理担当のふりをします。
スカイラー「私って生まれつき数字は強かったのよ。」

I've always been naturally good with numbers.

生まれつき naturally
数字に強い be good with numbers
【例】僕は数字に強くない。だから弁護士になったんだ。
I'm not good with numbers. That's why I became a lawyer.


第10話『復讐の杯』

ジェシーと喧嘩したウォルターは、スカイラーからの電話にも出ず、
横になっていました。心配して訪れた息子のジュニアに、ウォルター
は取り乱した姿を見せてしまいます。一方ジェシーは、メキシコに
連れていかれ、ガスと敵対する組織に、ブルー・メスの作り方を教え
ますが、いったいガスの狙いはどこにあるのでしょうか。


ソウルは、テッドに偽の遺産相続話について話をしています。
ソウル「彼女には近い親戚もいなかったようで。」

Seems she had no immediate relatives.

(~な)ようだ Seems ~
近い親戚 immediate relatives
【例】トムの近い親戚はみんな彼の家に集まった。
All of Tom's immediate relatives gathered at his home.

喧嘩をしてケガをした、というウォルターに、息子のジュニアが
心配して言います。
ジュニア「なんでけんかになったの?誰と?」

How did you get into a fight? With who?

どういうわけで、なぜ how
けんかになる get into a fight
【例】私たちけんかになって、今彼は私を無視しているの。
We got into a fight and now he's ignoring me.
got は get の過去形です。
誰を、誰に[口語で whom の代用] who

ウォルターが朝起きると、ジュニアがまだ家にいました。
ウォルター「母さんがひどく心配するぞ。」

Your mother is going to be worried sick.

ひどく心配して worried sick
【例】おまえがすぐに戻ってこなかったとき、ひどく心配したよ。
I was worried sick when you didn't come back
immediately.


第11話『降りそそぐ危機』

スカイラーは、テッドにお金を融通しますが、テッドは税金を納め
ようとはせず、高級車をリースします。一方麻薬捜査官のハンクは、
クリーニング工場が怪しいと勘付き、ウォルターに連れて行って
もらおうとしますが・・・。


お金の出所がスカイラーだと知ったテッドは、返そうとして
小切手を彼女に渡します。
スカイラー「これ私があげたのより少ないわね。」

This is less than what I gave you.

(私が~する/した)ものより少ない less than what I ~
【例】今稼いでいるより2000ドル少ない仕事のオファーをもらったの。
I got an job offer that's $2000 less than
what I make now.

ウォルターに車で送ってもらっているハンクが言います。
ハンク「この通りで右へ曲がってくれないか?」

Take a right at this street here, will you?

~で右へ曲がる take a right at ~
通り street
~してくれない? ~, will you?
【例】手を貸してくれない?
Give me a hand, will you?
命令文の後につけて、依頼を表します。

家族の身の危険を感じたウォルターは、ソウルに頼んで最後の
手段に出ようとします。失踪屋に頼むことです。
ソウル「全額支払わない限り、彼は指一本上げない。」

He doesn't lift a finger unless he's paid in full.

指一本も上げない、何もしない not lift a finger
~しない限り unless
【例】強制されない限り、彼らは指一本上げようとしないよ。
They won't lift a finger unless they are forced to.
he's = he is
全額を支払う pay in full
上のセリフでは、be動詞+過去分詞 の受動態になっています。
be paid in full「全額支払われる」


第12話『憎しみの行方』

家族全員に身の危険がふりかかり、スカイラーたちはハンクの自宅
で警察に保護されながら身を潜めることになりましたが、ウォルター
は一人残る、と言います。一方、ガールフレンドの息子が毒を盛ら
れたことを知ったジェシーは、ウォルターを疑い、彼の家に乗り込み
ますが・・・。


スカイラーたちは、ハンクの家で身を潜めることになりましたが、
ウォルターは一人残る、と言います。
ウォルター「重要なのは残りの君たちが安全だということだ。」

All that matters is that the rest of you are safe.

重要なのは~ということだ all that matters is that ~
【例】重要なのはあなたが健康でいることよ。
All that matters is that you stay healthy.
残りの the rest of
安全な safe

クリーニング工場が怪しいと考えるハンクは、ゴメスに調べて
きてもらうよう頼みますが・・・。
ゴメス「判事が僕に捜査令状を渡すなんてあり得ない。」

There's no way a judge is going to give me a search warrant.

~なんてあり得ない there's no way ~
【例】彼女が秘密の入り口を見つけるなんてあり得ない。
There's no way she'll find the secret entrance.
判事 judge
捜査令状 search warrant

アンドレアの息子に毒を盛ったのはウォルターだ、と言う
ジェシーにむかって。
ウォルター「(ガスは)事あるごとに私の10歩先を行っていた。」

He has been ten steps ahead of me at every turn.

~より_歩先を行って _ step(s) ahead of ~
【例】私は同僚より一歩先を行っている。
I'm one step ahead of my peers.
事あるごとに at every turn
上のセリフは、has +過去分詞 の現在完了形。今の状況が
過去のある時点から継続していることを表しています。


第13話(最終話)『フェイス・オフ』

監視カメラに阻まれ、どうしてもガスの近くに行けないウォルターは、
ジェシーに協力を求めます。ガスが、たまに老人ホームにいるヘクター
を訪れることを知ったウォルターは、策を練りますが・・・。


ソウルの事務所のドアを壊したウォルターは、従業員にお金を渡します。
ウォルター「それでドアの費用をまかなっても余るだろ。」

That will more than cover the cost of the door.

~して余りある more than
~の費用をまかなう、~を支払うのに足りる cover the cost of ~
【例】旅行の費用をまかなうお金を工面しようとしているの。
I'm trying to raise money to cover the cost of the trip.

ウォルターは自宅の隣人に電話をして、家をチェックしてほしいと
頼みます。
ウォルター「(ジュニアが)こんろのバーナーをつけたままかも
しれないんですよ。」

He may have left the burner on, on the stove.

~したかもしれない may have +過去分詞
~をつけたままにしておく leave ~ on
【例】あっ、アイロンつけっぱなしだった!
Oh no, I've left the iron on!
left は leave の過去分詞形です。
バーナー burner
(料理用)こんろ stove

マリーは、ウォルターが事態を理解していないと思い、スカイラー
にウォルターと話すように促します。
マリー「あなたが(ウォルターを)言い聞かせたらどうかしら。」

Maybe you could talk some sense into him.

~したらどうでしょう maybe
助言や提案の口調をやわらげます。
[可能性・勧告などを表す婉曲的な表現] could
(人)に言い聞かせて分からせる talk some sense into ~
【例】親友が私に言い聞かせてくれたので、事を丸く収めることができた。
My best friend talked some sense into me, and
I was able to smooth things over.



海外ドラマ「ブレイキング・バッド」その他のシーズンへは、
こちら↓から飛んでくださいね。
第1シーズン 第2シーズン 第3シーズン
第4シーズン 第5シーズン