ブレイキング・バッド

海外ドラマ「ブレイキング・バッド」の英語セリフで英会話/第5シーズン1~8話

投稿日:2017-11-22 更新日:

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】

海外ドラマ「ブレイキング・バッド」第5シーズン

第1話『自由か死か』
第2話『再始動に向かって』
第3話『新しいチーム』
第4話『51歳』
第5話『荒野の作戦』
第6話『ウォルターの執念』
第7話『私の名は・・・』
第8話『完璧な静寂』
第9話~第16話


第1話『自由か死か』

ガスの抹殺に成功したウォルターは、家に帰って爆破装置を作った証拠を
すべて捨てます。これで安心と思ったウォルターですが、ガスがラボの
様子を監視カメラで撮っていたことを思い出します・・・。

 

髪とひげが伸びて、52歳になったウォルターは、あるダイナーに
来ています。
店員「ニューハンプシャーがちょっと近いでしょう?」
ウォルター「ああ、おおよそね。」

“That’s kind of near New Hampshire, right?”
“Yeah. More or less.”

ちょっと、多少 kind of ※表現を和らげます。
でしょう? right?
だいたい、おおよそ more or less
【例】車で1時間ってとこです。
It’s an hour’s ride, more or less.




ガスがやられたことを知ったマイクは、憤ってウォルターに
銃を突きつけますが・・・。
ウォルター「今、私たちには他にもっと大事な事がある。」

Right now we’ve got bigger fish to fry.

今は right now
we’ve = we have
have got = have
他にもっと大事な事がある have bigger fish to fry
【例】彼には自分の体重を気にするよりも、もっと大事な事がある。
He‘s got bigger fish to fry than worrying about his weight.
面白い英語表現ですね。揚げるもっと大きな魚がある→他にもっと
大事な事がある、となります。

警察官が、めちゃめちゃにされた証拠品を点検しています。
写真立てを手に取って。
警察官「写真がフレームから、ずれてます。」

The photo has slipped out of its frame.

~から抜ける、ずれる slip out of ~
【例】指輪が抜けちゃった。
My ring has slipped out of my finger.
額縁、フレーム frame

 


第2話『再始動に向かって』

ウォルターはお金がなくなり、再びジェシーとメス作りを始めようと、
マイクを誘います。一方家庭では、妻のスカイラーがふさぎこんだ様子
で、ウォルターとの会話もしっくりいきません・・・。

 

ウォルターはメス作りを再開して、マイクと手を組むことを
提案しています。
ウォルター「私たちの製品に人気があるのは否定できない。」

There’s no denying the popularity of our product.

(~は)否定できない there’s no denying
【例】彼が誠実な夫であるという事実は否定できない。
There is no denying the fact that he is a faithful husband.
人気 popularity
製品 product

妻のスカイラーがテッドに大金を融通したために、ウォルターは
お金がなくなりました。

ウォルター「私はジェシーにお金を借りている。
およそ4万ドルの借金がある。」

I owe Jesse, I’m about 40 grand in the hole.

(お金を人に)借りている owe
1,000ドル grand
4万ドル 40 grand
赤字で、借金して in the hole
【例】彼は今5,000ドルの借金がある。
He is now 5,000 dollars in the hole.

ウォルターは、夕食を食べなかったスカイラーに話しかけています。
ウォルター「ラザニアがとても上手にできたんだよ。」

The lasagna came out very well.

ラザニア lasagna
~という結果になる come out
【例】すべてが失敗に終わったわけではないわ。
Not everything came out wrong.
came は come の過去形です。

 


第3話『新しいチーム』

ウォルターたちは、弁護士のソウルのあっせんで、新しいラボを探し
ますが、ウォルターが最高の隠れ場所を思いつきます。一方、精神
状態が不安定なスカイラーは、妹のマリーを怒鳴り散らしてしまいます。
心配したマリーは、ウォルターに相談しますが・・・。

 

ソウルは新しいラボの候補地として、食品工場を案内していますが・・・。
ジェシー「トルティージャが猫のおしっこのような臭いになるぞ。」

We’ll make the tortillas smell like cat piss.

(物をある状態に)する make
トルティージャ[メキシコ料理] tortillas
~のような臭いがする smell like ~
猫のおしっこ[卑語] cat piss

メス作りの場所が決まったウォルターたちは、準備に余念がありません。
ジェシー「タンクが箱に入らないんだ。丈が高すぎて。」

The tank is not gonna fit in the box.
It’s just too tall.

タンク tank
gonna = going to
~に合う、入る fit in ~
【例】アイフォーンがポケットに入らないよ。
My iPhone doesn’t fit in my pocket.

洗車工場にやって来たマリーは、従業員の車の洗い方に文句をつけています。
マリー「ぐるぐると円く回さなきゃ、でないと筋が残るでしょ。」

You have to go in circles, or you’re going to leave streaks.

円形にぐるぐると回す go in circles
さもないと、でなければ or
筋を残す leave streaks
【例】どうして無毒性のガラスクリーナーは筋が残るのかしら?
Why does non-toxic glass cleaner leave streaks?

 


第4話『51歳』

スカイラーは、悪事に手を染めている両親の元で、ジュニアとホリーを
育てたくない、と考え始めます。一方、メス作りの原料調達の役目を
背負うことになったリディアは、麻薬捜査官たちが会社にやって来て、
ろうばいしながらも、なんとか取り繕いますが・・・。

ウォルターは妻のスカイラーに、麻薬作りに復帰したことを
伝えます。
ウォルター「60万ドルの損失を埋め合わせないと。」

We have to make up that six hundred thousand we lost.

埋め合わせる make up
【例】この膨大な金額を埋め合わせしなければならない。
We’ve got to make up this colossal sum.
60万 six hundred thousand
失う lose
lost は lose の過去形です。

スカイラーは、息子のジュニアを、全寮制の高校に入れては
どうか、と言い出します。
ウォルター「あと1年で大学なのに。」

He’s a year away from college.

あと_年で~ _ year(s) away from ~
【例】あと2年で定年退職だ。
I am two years away from retirement.
大学 college

麻薬捜査官のハンクは、リディアのことをどうも怪しいと感じます。
ハンク「(リディアは)ちぐはぐの靴をはいていた。」

She was wearing mismatched shoes.

身につけている wear
ちぐはぐの mismatched
【例】他の子もちぐはぐの靴下をはいてるわ。流行りになってきてるの。
Other kids are wearing mismatched socks too.
It’s becoming a trend.
靴 shoe

 


第5話『荒野の作戦』

メスの原料であるメチルアミンの調達が絶望的になったウォルターたち
は、リディアから、ある情報を得ます。それは貨物列車で運ばれてくる
メチルアミンを強奪するという作戦でしたが、ウォルターたちの意見は
わかれます。

 

列車からメチルアミンを強奪する、という計画を聞いて
ウォルターが答えます。
ウォルター「動いている列車を止められると仮定して、
どうやって正しいもの(貨車)だと分かる?」

Assuming we can stop a moving train,
how do we know we have the right one?

~と仮定して assuming
【例】オンラインテストに合格すると仮定して、面接は保証されるの?
Assuming I pass the online test, will I be guaranteed an interview?
動いている[形容詞] moving
正しい right

マリーとハンクの夫妻は、ウォルターの息子ジュニアと、娘ホリーを
預かっています。ジュニアに。
マリー「ラザニアをいくらか温めようか?」

Do you want me to heat up some of that lasagna?

~しましょうか? do you want me to ~?
【例】空港に迎えに行こうか?
Do you want me to pick you up at the airport?
加熱する、温める heat up
~のいくらか some of ~
ラザニア lasagna

マイクは、列車から原料を強奪せずに、昔のように少量の原料で
作っていこう、と提案しますが・・・。
ウォルター「新しい製造所の設備に投資したばかりの
8万ドルがムダになる。」

We will eat eighty thousand dollars we just invested in
our new lab equipment.

(損害などを)負担する[俗語] eat
eat には他に「食べる」などという意味もあります。
8万ドル eighty thousand dollars
~に投資する invest in ~
製造所 lab = laboratory
設備 equipment

 


第6話『ウォルターの執念』

ウォルターと妻のスカイラーの関係は、完全に冷え切ってきました。
ウォルターにはメス作りの仕事がすべてでしたが、新しい契約の話が
持ち上がって、マイクもジェシーも手を引くことを考え始めます。

 

問題行動を起こした、新しい仲間のトッドをどうするかについて
話し合っています。彼を仲間から外せば・・・。
ウォルター「おそらく、お金を払って黙らせておかねばならないだろう。」

We’d most likely have to pay him to keep quiet.

We’d = We would
~であろう、~でしょう would
十中八九、おそらく most likely
【例】彼はおそらく風邪をひいていたのだと思います。
I believe that he most likely had a cold.
~するために、~して to
黙っておく keep quiet

ジェシーは、言いにくい話をするために、ウォルターの自宅に
やって来ました。
ジェシー「僕から言ったほうがいいだろうと思ったんだ。」

I figured it’d be better coming from me.

(~であると)思う、判断する figure
よりよい better
~から言われる come from ~
【例】君から言われるとは意外だ。
It’s surprising coming from you.
coming は come の現在分詞。e が取れます。

ウォルターはジェシーに、妻との関係が最悪になっていることを
打ち明けます。
ウォルター「私には今このビジネスしか残ってない。」

This business is all I have left now.

私には~しか残っていない ~ is all I have left
【例】私にはプライドしか残っていない。
My pride is all I have left.

 


第7話『私の名は・・・』

大量のメチルアミンを洗車場に隠したウォルターは、新しいビジネスの
案を提案します。しかしジェシーの、ビジネスから手を引きたいという
考えは変わりません。そうこうするうちに、マイクに警察の手が伸びて
きました・・・。

 

ウォルターは、自分の作るブルーメスの品質は最高である、と
言います。
ウォルター「私のものに見せかけるために、メスを食用着色料で
染めてるんだろ。」

You dye your meth with food coloring to make it look like mine.

・・・を~で染める dye ・・・ with ~
メタンフェタミン meth
日本では覚醒剤に指定されている有機化合物です)
食用着色料 food coloring
~に見せかける make it look like ~
【例】先生たちが来る!何かしてるように見せかけろ。
Teachers coming! Make it look like we’re doing something.

メス作りを引退する、と言うジェシーを、ウォルターは引きとめます。
ウォルター「私といっしょに仕事しろ、そうすれば20倍稼げるぞ。」

Work with me and you can make twenty times as much.

[命令文などのあとで]そうすれば and
_倍のお金を稼ぐ make _ times as much (money)
【例】アーロンは去年、妻の3倍のお金を稼いだ。
Aaron made three times as much money last year as his wife.
made は make の過去形です。

マイクの弁護士が寝返って、警察にマイクのことをすべて話して
しまいました。ソウルが非難しています。
ソウル「モーの法律事務所とのほうが、うまくいっていただろうね。」

He would’ve had better luck with the law firm of Moe.

would’ve = would have
~だっただろう would have +過去分詞
過去の事柄に対する想像・推定を表します。
~とのほうがうまくいく have better luck with ~
【例】この道具のほうがうまくいくかもしれないよ。
You might have better luck with this tool.
had は have の過去分詞形です。
法律事務所 law firm

 


第8話『完璧な静寂』

獄中のガスの元部下たちが、メス作りについて警察に話してしまう恐れ
が出たため、ウォルターはある決断をします。一方、妻のスカイラーは
ウォルターを、ある倉庫に連れていきます。そこにあったものは・・・。

 

マイクがいなくなり、獄中のガスの元部下たちには、
口止め料が入らなくなりました。
ジェシー「今、話さない(黙ってる)理由はない。」

They’ve got no reason not to talk now.

have got = have
~しない理由がなくて no reason not to ~
【例】この映画を見ない理由はないよ。
You have no reason not to watch this movie.

リディアはウォルターに、海外にメスを輸出すれば、さらに
儲かる、という話を持ちかけてきました。
リディア「手始めに10ポンド渡して、そしてどうなるか見ましょ。」

Give me 10 pounds to start, and we’ll see how it goes.

ポンド[重さの単位] pound
手始めに to start
どうなるかを/結果を見る see how it goes
【例】手を出さずにどうなるか見るよ。
I’ll sit back and see how it goes.

スカイラーはウォルターに、貸し倉庫に置いてある大量の札束を
見せています。
スカイラー「ただ積み重ねて、乾かして、殺虫剤をかけてるの。」

I just stack it up, keep it dry, spray it for silverfish.

(物を)積み重ねる stack up
乾かしておく keep dry
(殺虫剤などを)かける spray
~に備えて[準備] for
セイヨウシミ[昆虫] silverfish

 

海外ドラマ「ブレイキング・バッド」その他のシーズンへは、
こちら↓から飛んでくださいね。

第1シーズン 第2シーズン 第3シーズン
第4シーズン 第5シーズン

 




-ブレイキング・バッド

執筆者:

関連記事

海外ドラマ「ブレイキング・バッド」の英語セリフで英会話/第2シーズン8~13話

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 海外ドラマ「ブレイキング・バッド」第2シーズン 第1話~第7話 第8話『ソウルに電話しよう!』 第9話『荒野の四日間』 第10話『ビ …

海外ドラマ「ブレイキング・バッド」の英語セリフで英会話/第4シーズン8~13話

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 海外ドラマ「ブレイキング・バッド」第4シーズン 第1話~第7話 第8話『ガスの過去』 第9話『膨らむ疑惑』 第10話『復讐の杯』 第 …

海外ドラマ「ブレイキング・バッド」の英語セリフで英会話/第4シーズン1~7話

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 海外ドラマ「ブレイキング・バッド」第4シーズン 第1話『ガスの怒り』 第2話『生き地獄』 第3話『マリーの苦しみ』 第4話『厄介な存 …

海外ドラマ「ブレイキング・バッド」の英語セリフで英会話/第5シーズン9~16話

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 海外ドラマ「ブレイキング・バッド」第5シーズン 第1話~第8話 第9話『汚れた金』 第10話『埋められた財産』 第11話『告白』 第 …

海外ドラマ「ブレイキング・バッド」の英語セリフで英会話

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 「ブレイキング・バッド」とは? 2008年から2013年までアメリカで放送された、テレビドラマシリーズ。 シーズン1~シーズン5。 …