シカゴ・ファイア

海外ドラマ「シカゴ・ファイア」の英語セリフで英会話/第3シーズン15~23話

投稿日:2018-07-22 更新日:

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】

海外ドラマ「シカゴ・ファイア」第3シーズン

第1話~第7話
第8話~第14話
第15話『災いの予感/Headlong Towards Disaster』
第16話『和解/Red Rag the Bull』
第17話『セカンドチャンス/Forgive You Anything』
第18話『無償の愛/Forgiving, Relentless, Unconditional』
第19話『見えない恐怖/I Am the Apocalypse』
第20話『旅立ち/You Know Where to Find Me』
第21話『変わりゆく仲間たち/We Called Her Jellybean』
第22話『対立/Category 5』
第23話(最終話)『勇気ある抵抗/Spartacus』


第15話『災いの予感/Headlong Towards Disaster』

父親が亡くなり、ボーデン大隊長はしばらく51分署を離れることに
なりました。代わりにやって来たプリジェン大隊長は、リーダーと
しての資質に欠ける、高慢ちきな人物でした・・・。

ニューハウスの代わりに、ウェルチが51分署にやって来ました。ウェルチ
と51分署の隊員たちとは、訳アリです。
ボーデン大隊長「ウェルチと個人的対立があるのか?」
ケイシー「直接にはないですけど、あの男は気に入りません。」

“Do you have any personal conflicts with Welch?”
“Not directly, but I don’t like the guy.”

~と個人的対立がある have a personal conflict with ~
直接には~ない not directly
【例】そのサイトの運営には直接関与していません。
I’m not directly involved in the running of that site.
気に入らない not like




ウェルチがコーヒーを注ぎにやって来ましたが・・・。
ハーマン「ポットが空になったら、新しいのを作らなきゃならないよ。」

You empty the pot, you gotta make a new one.

~を空にする empty
【例】靴を脱いで中にたまっている水を出した。
I took off my shoes and emptied them of water.
emptied は過去形。y が i に変わります。
(コーヒーやお茶の)ポット pot
~しなければならない gotta = got to

上の場面の続きです。
クルース「お前が51分署から温かい大歓迎を期待していないことを願うよ、
俺たちお前がここにいて大喜びしてるわけじゃないからな。」

I hope you’re not expecting a big, warm 51 welcome, ‘cause we’re not
exactly thrilled to have you here.

願う、望む hope
期待する expect
大歓迎 big welcome
温かい歓迎 warm welcome
必ずしも~ではない not exactly
【例】必ずしも結果に満足していないが、受け入れられるよ。
I’m not exactly happy with the result, but I can accept it.
大喜びする、ワクワクする be thrilled to


第16話『和解/Red Rag the Bull』

プリジェン大隊長は、火災現場で犯した自分のミスを、ケイシーになすりつけようと
していました。当時現場にいたのは、セブライドとウェルチです。セブライドは
早速、大隊長と異なる証言をしますがウェルチは・・・。

プリジェン大隊長の元妻と関係を持ってしまったケイシーは、彼から
目をつけられます。
ウェルチ「お前のキャリアが水の泡となるのを見るのに、リングサイドの席を確保したよ。」

I got a ringside seat to watching your career go down the toilet.

リングサイドの席を確保する get a ringside seat  got は過去形
キャリア career
水の泡となる、駄目になる go down the toilet
【例】ドラッグスキャンダルのあと、彼のキャリアは水の泡となった。
After the drug scandal, his career went down the toilet.
went は go の過去形

ブレットがドーソンに話しています。
「新しいズンバのクラスで、誰にばったり会ったと思う?」

Guess who I ran into at my new Zumba class?

誰に~したと思う? Guess who ~?
【例】今日ショッピングモールで誰を見たと思う?
Guess who I saw today at the mall?
ばったり会う run into  ran は過去形

マウチの携帯に電話がかかってきました。
「彼が電話するのは二度目だ、出てやれ。」

It’s the second time the guy’s called, so go pick it up.

(~する/したのは)二度目である it’s the second time
【例】今週、君が遅刻したのは二度目だ。
It’s the second time you’ve been late this week.
ぜひ/思い切って~する go +動詞
電話に出る pick up


第17話『セカンドチャンス/Forgive You Anything』

空きができた救急隊員のポストに、セブライドの旧友であるライスが
配属されてきました。しかし、もう健康上の不安がなくなって、
救急隊員に復帰するつもりでいるミルズは、複雑な気持ちです・・・。

ドーソンが。黒のドレスを見て言います。
「これ1年ほど着ていないわ。」

I haven’t worn this in almost a year.

身に着ける wear  worn は過去分詞形
・・・を~の間着ていない haven’t worn ・・・ in ~
【例】1年間着ていないんだったら、処分しちゃいなさいよ。
If you haven’t worn it in a year, get rid of it.
ほぼ1年 almost a year

マウチの生物学的息子が51分署を訪ねてきました。実はマウチは、彼との
約束をすっぽかしていました。
息子のエメット「ばかみたいにあのダイナーで待ちぼうけくらったのは
妹じゃなかったよ。」

It wasn’t her left sitting in that diner like some sucker.

座ったままにされる left sitting
軽食レストラン diner
~のように like ~
だまされやすい人、ばかな人 sucker

上の場面の続きです。
エメット「あんたがあまりに臆病で姿を見せなかったから、一番優しくて
いけてる少女(生物学的な娘のこと)に会うチャンスは絶対ないよ。」

Because you’re too chicken to show, you’ll never get a chance to meet
the sweetest, coolest girl.

あまりに臆病で~できない too chicken to ~
【例】僕はあまりに臆病で彼女をデートに誘えなかった。
I was too chicken to ask her out.
現れる、姿を見せる show
~するチャンスを得る get a chance to ~
優しい、かわいい sweet  sweetest は最上級
いけてる、すごい cool  coolest は最上級


第18話『無償の愛/Forgiving, Relentless, Unconditional』

クルースとの関係に疑問を持ち始めたブレットは、彼と別れることを
考え始めます。一方、ハーマンは火災現場で、命の危険を冒して
少年を助け出しますが・・・。

ライスは、セブライドとべスを朝食に誘います。
ライス「その子の名前が言えたら、朝食は僕のおごりだ。」

Breakfast is on me if you can tell me the name of the kid.

~のおごりで on
【例】今度の1杯は僕のおごりだ。
The next round is on me.

クルースと気まずいブレットは、彼を避けようとしていますが・・・。
ドーソン「クルースを振る気なら、ずばっと言ったほうがいいわよ。」

If you’re gonna dump him, it’s better to just rip the band-aid clean off.

gonna = going to
(恋人を)振る dump
~するほうがいい it’s better to ~
【例】哀れみでだまされるより悪意でだまされるほうがいい。
It’s better to be deceived by malice than by pity.
バンドエイドをべりっとはがす→はっきり/ずばっと言う rip the band-aid clean off

ミルズの姉が、51分署にやって来ました。
「時差ぼけは西に来るほうが軽いって誰かに言われたけど、分からないわ。」

Someone told me the jetlag is easier coming west, but I don’t know.

誰かに言われた someone told me
【例】今日はジェイソン・ステイサムみたいだと誰かに言われたよ。
Someone told me I looked like Jason Statham today.
時差ぼけ jetlag
西に来る come west  coming は現在分詞。e が取れます。


第19話『見えない恐怖/I Am the Apocalypse』

ガス漏れ事故が発生し、現場に駆け付けた51分署の隊員たちは、大勢の患者を
シカゴ医療センターに搬送します。病院内は患者とスタッフでごったがえして
いましたが、そこへ自爆事件が起きてしまいます。犯人は感染症の疑いも
あるため、大勢の隊員たちが、患者といっしょに病院内に閉じ込められますが・・・。

屋上へはしごを渡そうとしていますが・・・。
隊員「約8フィート足りない。」

We’re about 8 feet short.

約、およそ about
フィート[長さの単位] feet
足りない、短い short
【例】5ドル足りないよ。
I am five dollars short.

51分署の隊員たちは、ガス漏れ事故の現場にいた患者を大勢、医療センター
に搬送してきました。

医師「ただでさえインフルエンザ患者でいっぱいなの。」

We’re already full up with flu patients.

すでに、ただでさえ already
~でいっぱいである be full up with ~
【例】箱はおもちゃでいっぱいだった。
The box was full up with toys.
インフルエンザの患者 flu patient

上の場面の続きです。
医師「インフルエンザ患者とガス漏れの被害者を区別しなければ。」

We’re gonna have to separate the flu patients from the gas victims.

gonna = going to
~しなければならない have to
~と~を区別する separate ~ from ~
【例】事実とフィクションの区別がつけられる?
Can you separate fact from fiction?
ガス漏れの被害者 gas victim


第20話『旅立ち/You Know Where to Find Me』

ミルズの母親と姉は、いったんは祖父が遺した店を売ろうとしていましたが、
自分たちで経営することを決意します。救急隊に戻ることができたばかりの
ミルズは、消防署を辞めることは考えられず、家族と離れ離れに暮らす
覚悟をしましたが・・・。

入院しているセブライドは、すぐにでもシフトに戻ろうとしますが・・・。
医師「あと1~2週間あなたの呼吸に注意を払う必要があります。」

We need to keep an eye on your breathing for another week or two.

~する必要がある need to ~
~に注意を払う keep an eye on ~
呼吸 breathing
あと1~2週間 for another week or two
【例】あまりにも危険なので、あと1~2週間は屋外に出ないほうがいい。
It’s just too risky, so we should stay indoors for another week or two.

ケイシーは、ストリップクラブの改装工事を請け負っています。オーチスが
手伝いに来ています。
ケイシー「そのラフター・スクエア(四角)を取ってくれ。」
オーチス「青い三角形じゃないか。なんで四角って呼ぶんだよ?」

“Hand me that rafter square.”
“It’s the blue triangle. Then why’d you call it a square?”

~を手渡す hand
三角形 triangle
・・・を~と呼ぶ call ・・・ ~
【例】ママは私を小さいフグちゃんって呼んでいたわ。
My mom used to call me a little puffer fish.

ミルズは51分署を辞めて、家族と一緒に店を切り盛りする道を選びます。
ドーソンへの別れの言葉。
ミルズ「もしここで物事が君にとってうまくいかなかったり、変化を探そうと
決心したら、僕がどこにいるか分かってるよね。」

If things ever go south for you here, or you decide you’re looking for a change
you know where to find me.

物事、事態、状況 things
失敗する go south
~を探す look for
変化 change
どこに~するべきか where to ~
【例】トラックをどこに止めたらいいのか分からない。
I don’t know where to park my truck.


第21話『変わりゆく仲間たち/We Called Her Jellybean』

51分署を辞めたミルズの代わりに、チリが配属されました。ミルズがいない
喪失感に悩む隊員たちは、なかなかチリを歓迎できません。一方、オーチス
は、火災現場でセブライドと突入したライスが、不自然に現場から逃げて
出てくるのを目撃しますが・・・。

新しくチリが配属され、ボーデン大隊長が話しています。
「我々は幸いなことに離職者数が多くない。」

We have been very fortunate not to have much turnover.

幸運な fortunate
離職者数 turnover
【例】サービスや医療は離職率が最も高い。
Hospitality and healthcare have the highest turnover rates.

51分署の隊員たちは、ミルズがいなくなって喪失感を味わっています。
オーチス「僕たちが単にスイッチを入れて立ち直ると期待しないでください。」

You can’t expect us to just flip a switch and get over it.

・・・が~することを期待する expect ・・・ to ~
【例】あなたが考えていることを当てろって言うの?
Do you expect me to guess what you’re thinking?
単に just
スイッチを入れる flip a switch
立ち直る、乗り越える get over

上の場面の続き。元気のない隊員たちに、ボーデン大隊長がハッパをかけます。
「誰かがコーヒーの中に小便したような顔をするのはやめろ!」

You stop looking like somebody just pissed in your coffee!

命令文に添えて、強調または穏やかな命令を表す you
~のような顔をするのをやめる stop looking like
【例】私を哀れむような顔はやめて。
Stop looking like you pity me.
誰か somebody
小便する[卑俗語] piss


第22話『対立/Category 5』

オーチスはライスが救出現場から逃げ出したと信じ込み、ライスを擁護する
セブライドと対立します。対立は、はしご隊とレスキュー隊全体の対立に
つながり、51分署内には緊張が走りますが・・・。

51分署に高級なウィスキーが届けられました。クルースは味見をすると
言って聞きませんが・・・。
「それが僕らのものじゃないという問題があるよ。」

There’s the issue of it not belonging to us.

~がある there’s ~
~という問題 issue of ~
~の所有物である belong to ~
【例】この自転車は私の弟のものです。
This bicycle belongs to my brother.

チリは、新しいワインの開発に全財産をつぎ込んでしまっています。
シャワーも署で浴びています。なぜなら・・・。
チリ「(水を)止められたの。予定通りに支払いしなかったんで。」

It got turned off. I didn’t pay my bill on time.

~される get +過去分詞  got は過去形
止める turn off
支払いをする pay one’s bill
予定通りに on time
【例】予定通りに支払いしなかったら、どうなるの?
What happens if I don’t pay my bill on time?

斜面から落ちた少年の救出に、はしご隊が当たろうとしています。今
現場に向かっているレスキュー隊のセブライドが、無線で応えます。
「チーフ、僕たちすぐにそこに着きますよ。」

Chief, we’re gonna be there in no time.

チーフ、ここでは大隊長 chief
gonna = going to
すぐに、あっという間に in no time
【例】あっという間に家じゅうの掃除が終わった。
They cleaned the entire house in no time.


第23話(最終話)『勇気ある抵抗/Spartacus』

火災現場で救出に当たっていたドーソンは、酸素がなくなり立ち往生して
いました。そこへセブライドが現れ、二人でホースから空気を吸っていました。
二人が戻って来ない状況を見たボーデン大隊長は、他の隊員に建物内に
入ることを禁じ、自ら救出に向かいますが・・・。

おとり捜査に協力しているケイシーは、隠しマイクがついたスマートフォン
を持っていましたが・・・。
ケイシー「何かがしっくりしなかったら、トイレにさっと入って(スマート
フォンを)流したんだ。」

Something didn’t feel right, so I ducked into the bathroom and flushed it.

何かおかしい、しっくりしない not feel right
【例】自分自身を作家と呼ぶのはしっくりしない。
It does not feel right calling myself a writer.
だから、なので so
~の中にさっと入る duck into
トイレ bathroom
流す flush

ライスは51分署から去るように言い渡されます。
ライス「僕の言い分を聞きたいとは思わないのか?」

You don’t want to hear my side?

~したいと思わない not want to ~
(人)の言い分を聞く hear one’s side
【例】問題があると、君は自分の言い分を聞けと主張する。
When we have issues, you insist that I hear your side.

新しく、クルースはレスキュー隊に、オーチスが消防車の運転をすることに
なりました。
「ケイシーがいないので、誰が代理の小隊長になるのですか?」
ボーデン大隊長「私だ。」

“Since Casey’s gone, who’s gonna be acting Lieutenant?”
“I am.”

~なので since
【例】夫が出張中なので、先週末はのんびりしていた。
Since my husband is gone on a business trip, I was taking it easy last weekend.
いない gone
gonna = going to
代理の、臨時の acting
小隊長 lieutenant

 

海外ドラマ「シカゴ・ファイア」その他のシーズンへは、こちら↓から飛んでくださいね。

第1シーズン 第2シーズン 第3シーズン 第4シーズン
第5シーズン 第6シーズン 第7シーズン

 




-シカゴ・ファイア

執筆者:

関連記事

海外ドラマ「シカゴ・ファイア」の英語セリフで英会話/第3シーズン1~7話

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 海外ドラマ「シカゴ・ファイア」第3シーズン 第1話『永遠に/Always』 第2話『心の穴/Wow Me』 第3話『2人の機関員/J …

海外ドラマ「シカゴ・ファイア」の英語セリフで英会話/第2シーズン1~7話

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 海外ドラマ「シカゴ・ファイア」第2シーズン 第1話『問題の分署/A Problem House』 第2話『疑念/Prove It』 …

海外ドラマ「シカゴ・ファイア」の英語セリフで英会話/第3シーズン8~14話

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 海外ドラマ「シカゴ・ファイア」第3シーズン 第1話~第7話 第8話『悲しみの渦/Chopper』 第9話『置いてけぼりの心/Arre …

海外ドラマ「シカゴ・ファイア」の英語セリフで英会話/第1シーズン9~16話

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 海外ドラマ「シカゴ・ファイア」第1シーズン 第1話~第8話 第9話『つらい運命/It Ain’t Easy』 第10話『 …

海外ドラマ「シカゴ・ファイア」の英語セリフで英会話/第4シーズン8~14話

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 海外ドラマ「シカゴ・ファイア」第4シーズン 第1話~第7話 第8話『追いつめられて/When Tortoises Fly』 第9話『 …