海外ドラマ「フォーリング スカイズ」第2シーズン
第1話『3ヶ月後』
第2話『寄生』
第3話『コンパス』
第4話『予期せぬ再会』
第5話『レッド・アイ』
第6話『生還』
第7話『交渉』
第8話『死の行進』
第9話『理想郷』
第10話(最終話)『突撃』







第1話『3ヶ月後/Worlds Apart』

トムがエイリアンの宇宙船に乗り込んでから、3ヶ月後。ウィーヴァー
を隊長とする抵抗軍は、スキッターとメックス相手に、激しい攻防を
繰り広げていました。ウィーヴァーが撤退を命じたあとも、ベンは
スキッターがもう一体いる、と言って攻撃をやめませんでしたが・・・。


宇宙船に乗り込んだトムは、宇宙人に乗っ取られたカレンに
話しかけられます。
カレン「対立を長引かせるのは、どちらの側にとっても
役に立たないわ。」

There's no use prolonging hostilities for either side.

~しても役に立たない there's no use ~ing
【例】気分が乗らなければ、音楽を聴いても役に立たないわよ。
There's no use listening to music if you're not in the mood.
~を長引かせる prolong
対立、敵対 hostility

ハルたちのいる基地も、近くにメックスが現れるようになりました。
ハル「(エイリアンが)僕たちをしとめるのも時間の問題だ。」

It's only a matter of time before they nail us.

~するのは時間の問題で a matter of time before ~
【例】彼がスター選手になるのは時間の問題よ。
It's a matter of time before he becomes a star player.
~をしとめる[他動詞] nail
nail には他に名詞で「くぎ」「爪」といった意味もあります。

ウィーヴァーは、自分のとった作戦が無謀だったのではないか、と
振り返っています。
ウィーヴァー「もし(トムが)ここにいたなら、我々が調子に
乗っていると警告していただろうに。」

If he'd been here, he would have warned me that
we were pushing our luck.

he'd = he had
警告する warn
調子に乗る push one's luck
【例】誕生日だからって調子に乗るな。
Don't push your luck just because it's your birthday.
上のセリフは仮定法過去完了です。
If ... had +過去分詞, would have +過去分詞
(もし~だったら、~していたであろう)
過去の事実とは違うことを、想像して話しています。



第2話『寄生/Shall We Gather at the River』

宇宙船から降りてきたトムは、スキッターの悪夢にうなされ続け、
自分で自分のことが信用できなくなっていました。息子のハルに、
自分を監視してほしい、と言ったトムは、突然痛みを訴えます。
トムを診断したアンは、トムの眼球に虫のようなものが
入り込もうとしているのを見つけますが・・・。


ウィーヴァーは、トムに作戦を説明しています。
ウィーヴァー「あの川を渡る方法を見つけなければ、
奴らは我々を粉砕するだろう。」

If I don't find a way to get across that river,
they're gonna destroy us.

~する方法を見つける find a way to ~
【例】この穴を塞ぐ方法を見つけなきゃ。
I have to find a way to fill this hole.
渡る get across
gonna = going to
(敵などを)滅ぼす、粉砕する destroy

トムの眼球から、虫のような得体の知れない物が取り出されました。
ウィーヴァー「もし追跡装置だったらどうなる?
我々の場所がバレるかもしれない。」

What if it's a tracking device?
It could give away our position.

もし~だったらどうなるか what if
追跡装置 tracking device
~かもしれない[可能性] could
(秘密の情報を)暴露する、ばらす give away
【例】あなたが私たちの秘密をばらしてなきゃいいんだけど。
Hope you didn't give away our secrets.
位置、場所 position

トムは安全のため、自分を縛りつけておいてくれ、と言います。
トム「今は運任せにする時じゃない。」

Now's not the time to take any chances.

~している時ではない be not the time to ~
【例】感情に流されてる時じゃないよ。
It's not the time to allow your feelings to control you.
運任せにする take any chances



第3話『コンパス/Compass』

トム、ウィーヴァーたち第2連隊は、空港へ移動しますが、近々
再び移動しなければならないことは明らかでした。
隊長のウィーヴァーは、北に逃れて、冬の間潜伏しよう、と言い
ますが、トムはその意見に反対でした・・・。


トムは、ウィーヴァーの言うとおり、北で潜伏していたら
敵に降参した、と取られかねない、と言いますが・・・。
ウィーヴァー「撤退と降伏の間には大きな違いがある。」

There's a big difference between retreat and surrender.

~と~の間には大きな違いがある
there's a big difference between ~ and ~
【例】ひざまずくのとかがむのとでは大きな違いがあるよ。
There's a big difference between kneeling down and bending over.
撤退、退却 retreat
降伏 surrender

ポープは、宇宙船から降りてきたトムのことを信用していません。
ポープ「お前と俺は昔からの知り合いだから、
お前に立ち去るチャンスをやろう。」

Since you and I go way back,
I'm gonna give you the chance to walk away.

~なので、~だから since
昔からの知り合いである go way back
【例】リンダと私は昔からの知り合いなの。高校がいっしょだったの。
Linda and I go way back. We were in high school together.
gonna = going to
立ち去る walk away

ウィーヴァーが、ジミーの思い出話をしています。
ウィーヴァー「いい兵士だったが、方向感覚が少しもなかった。」

He was a good soldier but he had no sense of direction.

兵士 soldier
方向感覚 sense of direction
【例】私方向感覚がないから、北と南が全然違うかも。
I have no sense of direction, so north and south might be
completely incorrect.



第4話『予期せぬ再会/Young Bloods』

ハルとベンは、偵察の途中で、メックスが厳重警備している怪しい
工場を見つけます。工場に気を取られている隙に、二人は何者かに
バイクを盗まれてしまいます。バイクの後をつけて、ある倉庫に
やって来たハルとベンは、そこで子どもたちだけが隠れて暮らして
いるのを見つけますが・・・。


娘のジーンと再会したウィーヴァーは、母親がなぜ亡くなったのか
聞いています。
ジーン「血圧の薬がなくなったの。」

She ran out of her blood-pressure medication.

切らす、なくなる run out of
【例】砂漠の真ん中でガス欠になった。
We ran out of gas in the middle of the desert.
ran は run の過去形
血圧の薬 blood-pressure medication

子どもたちがさらわれ、ウィーヴァーたちは助けに行く計画を
練っていますが、ディエゴは一刻も早く出発しようとします。
ウィーヴァー「お前が準備不足のまま行動するために、
みんなの命を危険にさらしはしない。」

I'm not gonna put people's lives at risk
so that you can go off half-cocked.

gonna = going to
~を危険にさらす put ~ at risk
【例】この鎮痛剤を飲むと危険なことがあるよ。
You can put yourself at risk by using this pain-killing drug.
~するために so that
準備不足のうちに行動に移す go off half-cocked

ジーンはウィーヴァーに、パパは立派な指揮官である、と言います。
ジーン「年齢を重ねれば重ねるほど、わかるようになったの。」

The older I get, the more I appreciate that.

~すればするほどますます~ the +比較級, the +比較級
【例】練習すればするほど、彼女は上手になった。
The more she practiced, the better she played.
参考映画「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」のセリフで学ぶ
特に覚えておきたい英語表現
「~すればするほどますます the +比較級, the +比較級」

年齢を重ねる get older
(価値を)正当に理解する appreciate



第5話『レッド・アイ/Love and Other Acts of Courage』

キャンプの1km先で、大きな爆発が起こりました。様子を見に行った
トムたちは、山のようなエイリアンの残骸を目にします。そこで
負傷していたリックを見つけたトムたちは、彼をキャンプへ連れて
帰り、手当てをします。目を覚ましたリックは、姿を消している
ベンの行先を知っている、と言いますが・・・。


隊長ウィーヴァーの、負傷した脚は治っていませんでした。医師のアンに。
ウィーヴァー「君がくれた抗生物質は闘いに敗れているようだ。」

Looks like those antibiotics you gave me are losing the battle.

~のように見える look like
抗生物質、抗生剤 antibiotic
闘いに敗れる lose a battle
losing は現在分詞。e が取れます。
【例】家計をやりくりする闘いに敗れる人もいる。
Some people lose the battle to make ends meet.

助け出されたリックの意識が戻ったようです。
アン「すっかり混乱してうろたえて目を覚ましたの。」

He woke up completely disoriented and panicked.

目が覚める、目を覚ます wake up
woke は wake の過去形です。
完全に、すっかり completely
混乱して disoriented
【例】最初にこれを見たときは混乱したわ。
I felt disoriented when I first saw this thing.
うろたえて panicked

ハルたちは薬品を調達するために、病院を回っています。
ハル「2つ病院が片付いて、あと1つだ。」

That's two hospitals down, one to go.

片付いて/終わって、あと~ down ~ to go
【例】1つの支払いが終わって、あと4つだ。
We're one payment down and four to go.



第6話『生還/Homecoming』

ウィーヴァーは、会議の途中で急に苦しみ出して倒れます。ハーネスに
噛まれた脚から毒が回ったようですが、アン医師が何を試みても回復の
兆しはありません。一方、偵察に出ていたハルとマギーは、ハーネス
を外されて倒れている子どもをたくさん見つけます。そのうちの一人は、
ハルの以前のガールフレンド、カレンでした・・・。


ウィーヴァーは、第2連隊は病院に到着して以来、たるんでいる、と
諭します。
ウィーヴァー「1日たりとも気を緩めている余裕はない。」

We cannot afford to let our guard down for even one single day.

~する余裕はない cannot afford to ~
油断する、気を緩める let one's guard down
1日たりとも for even one single day
【例】1日たりとも犬を飼ったことはないわ。
I have never had a dog for even one single day.

倒れたウィーヴァーを診察した、アンが言います。
アン「分かるのは、この毒が、または何であれ広がっているということよ。」

What I know is this poison, or whatever it is, is spreading.

私が分かることは~である what I know is ~
何であれ whatever it is
【例】何であれ、私の耳から取り出さなくちゃならない。
I need to get whatever it is out of my ear.
(病気などが)広がる spread

ベンは、助け出されたカレンのことを信用していないようです。
ベン「他の人はだませるかもしれないけど、僕はだませないぞ。」

You might be able to fool the others, but not me.

~できるかもしれない might be able to ~
だます[他動詞] fool
【例】僕をだまし続けてるってことは、エイプリルフールだね。
It should be April Fools Day because you've been fooling me.
fool には名詞で「ばか者」などという意味もあります。



第7話『交渉/Molon Labe』

ベンはカレンとともに、病院を逃げ出します。しかしこれはカレンの
ワナで、カレンは再びベンにハーネスを付けるよう要求してきます。
ベンを助け、宇宙人のボスを捕虜にしたトムたちは、病院に戻り
ますが、包囲され、身動きが取れない状態が続きます・・・。


ケガをしたマーガレットは、包帯でぐるぐる巻きにされました。
アン「それで傷口をまた引き裂かないように思い出せるでしょ。」

It will remind you not to tear those stitches again.

・・・に~しないように思い出させる remind ・・・ not to ~
【例】次に会うときは、あなたに話しかけないように思い出させてくれ。
Next time I see you, remind me not to talk to you.
引き裂く tear 発音は[テア]といった感じです。
同じ tear でも[ティア]は「涙」になります。
(傷を縫う)一針 stitch

避難場所にしていた病院から移動しなければなりません。が、地下には
まだたくさんの医薬品が残っています。
アン「また、いつこのような貴重品に出くわせるか分かりません。」

No telling when we'll come across a cache like this again.

分からない No telling
【例】そこで誰に鉢合わせするか分からないよ。
No telling who you might bump into out there.
~に出くわす、偶然見つける come across
貯蔵物、貴重品 cache
このような like this

息子のベンを殺されそうになったトムは、捕虜となっている宇宙人の
ボスを銃で撃ってしまいます。
ウィーヴァー「我々は感情に負けてはならない。」

We cannot let our emotions get the better of us.

~してはいけない[禁止] cannot
(~することを)許す let
感情 emotion
~を負かす、~に勝つ get the better of ~
【例】この男についてはロクなこと聞かなかったけど、
好奇心に負けちゃったの。
I didn't like what I had heard about this guy, but
my curiosity got the better of me.
got は get の過去形です。



第8話『死の行進/Death March』

チャールストンを目指し、第2連隊のそれぞれのメンバーは不安と
期待をかかえながら、車を走らせていました。ハルとマギー、
ポープの3人は先行部隊として走っていましたが、車が故障して
しまいます。ハルが水を汲みに行きますが・・・。


マットが父親のトムに言います。
マット「みんな僕たちはチャールストンまでたどり着けないって
言ってるよ。」

Everyone's saying we're not gonna make it to Charleston.

gonna = going to
~までたどり着く make it to ~
【例】私の車、次の町までたどり着けたらいいんだけど。
I hope my car can make it to the next town.

ハルとマギーがトラックを走らせていると、荷台に乗っていた
ポープが突然驚かせてきました。
マギー「今度したら、鼻をなぐるわよ。」

Next time you do that, I'm gonna pop you in the nose.

今度 next time
(人の)~をなぐる pop 人 in the ~
【例】彼のあごをなぐった。
I popped him in the jaw.

テクターは、隊長のウィーヴァーと話をしています。
テクター「僕は誰にも何も教えるのに向いていなんです。」

I'm not fit to teach anyone anything.

~するのに向いている be fit to ~
【例】彼は弁護士として働くのに向いている。
He is fit to serve as the attorney.



第9話『理想郷/The Price of Greatness』

チャールストンに到着したトムたちは、地下施設に町が作られている
のを見て、驚きます。トムは恩師であった、町を統括するアーサーと
再会します。しかし、トムがエイリアンとの徹底抗戦を主張するのに
対し、アーサーは町づくりを優先させ、意見が対立しますが・・・。


チャールストンには、豊富な食糧がありました。
トム「(食べ物を)えり好みできるのは久しぶりだな。」

It's been a while since we could pick and choose.

~するのは久しぶりである it's been a while since ~
【例】両親に会うのは久しぶりだ。
It's been a while since I saw my parents.
えり好みする pick and choose

チャールストンに着いた翌朝。第2連隊のメンバーには、それぞれ
役割が与えられました。
アン「ルーデスといっしょに内科診療所に配属されたわ。」

I'm assigned to the medical clinic with Lourdes.

~に配属される be assigned to ~
【例】彼は内勤に配属されていると思いますよ。
I quess he is assigned to desk duty.
内科診療所 medical clinic

ウィーヴァーは娘のジーンと再会します。ジーンは、ボーイフレンドの
ディエゴと離れ離れになっていました。
ウィーヴァー「(ディエゴが)おまえにとってどれほど大切だったか
分かるよ。」

I know how much he meant to you.

・・・が~にとってどれほど大切か
how much ・・・ means to ~
【例】彼女が僕にとってどれほど大切か言うつもりなんだ。
I plan to tell her how much she means to me.
meant は mean の過去形



第10話(最終話)『突撃/A More Perfect Union』

ブレスラー大尉はクーデターを起こし、リーダーだったマンチェスター
博士を留置場に閉じ込めます。大尉のやり方に納得できないトムたちも、
留置場に入れられそうになります。が、そのとき警報が鳴り響き、
何者かが侵入してきたことを知らせます・・・。


ブレスラー大尉は、マンチェスター博士を留置場に閉じ込めます。
大尉「マンチェスター博士が分別を取り戻すのをずっと待っていた。」

I've been waiting for Dr. Manchester to come to his senses.

I've = I have
have been +動詞のing形で、現在完了進行形です。
過去のある時点から、継続している状態を表します。
~を待つ wait for ~
分別を取り戻す、我に返る come to one's senses
【例】分別を取り戻して、もっといい仕事を探すほうがいいよ。
You should come to your senses and look for a better job.

ブレスラー大尉が、トムたちに話しています。
大尉「われわれは攻勢に出る以外に選択肢がない。」

We have no choice but to go on the offensive.

~する以外に選択肢がない have no choice but to ~
【例】審判の決定を受け入れるしかないよ。
You have no choice but to accept the referee's decision.
攻勢に出る go on the offensive

エイリアンの反乱軍の話を聞いた、ブレスラー大尉が言います。
大尉「消化すべき情報がたくさんあるな。」

That's a lot of information to digest.

情報[無冠詞・単数形で集合的に用いる] information
(知識などを)消化して自分のものにする digest
digest には他に「(食物を)消化する」などの意味もあります。



海外ドラマ「フォーリング スカイズ」その他のシーズンへは、
こちら↓から飛んでくださいね。
第1シーズン 第2シーズン 第3シーズン 第4シーズン
第5シーズン