フレンズ

海外ドラマ「フレンズ」の英語セリフで英会話/第5シーズン1~13話

投稿日:2017-12-02 更新日:

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】

海外ドラマ「フレンズ」で英会話!/第5シーズン

第1話『ロスの結婚式、その後・・・』
第2話『モニカとチャンドラーのひ・み・つ』
第3話『フィービー、ついに出産!』
第4話『ロスが選ぶのはどっち?』
第5話『お忍びでラブラブ旅行』
第6話『雪男に胸キュン!』
第7話『レイチェルは恋の法則ガール』
第8話『それぞれの感謝祭』
第9話『モニカはエッチ中毒?』
第10話『シスコン男にご注意!』
第11話『新年の誓い』
第12話『ゴマすりチャンドラー』
第13話『ジョーイのバッグ』
第14話~第24話


第1話『ロスの結婚式、その後・・・』
結婚式の誓いで、レイチェルの名前を口にしてしまったロス!席について
いたレイチェルのセリフ。
レイチェル「私、前に出たほうがいい?」

Do you think I should go up there?

~すべきである、~することが望ましい should




エミリーの機嫌を直せないロス。思わず吠え立てます。
ジョーイ「おまえ、つば飛ばしたぞ。」

You spit on me, man.

つばを吐きかける spit
(男性に対する親しみを込めた呼びかけ)おまえ man

レイチェルは、ロスがまだ自分を愛していると確信します。電話で
フィービーに。
レイチェル「客観的に見てみましょうよ。」

Let’s look at it objectively.

客観的に objectively

新婦のエミリーはどこかへ行ってしまって、ロスの元に戻ってきません。
エミリーの母「あなたたちが破談になって、とても残念よ。」

We’re very sad that it didn’t work out between you and Emily.

(事が)うまくいく work out
~と~の間で between ~ and ~

 


第2話『モニカとチャンドラーのひ・み・つ』
フィービーはお腹が大きくてロンドンに行けなかったため、
すねています。
ジョーイ「置いてきぼりの気分なんだろ。」

You kind of feel left out.

ある程度、いくぶん kind of
~を除外する leave out
left は leave の過去分詞形です。
除外された気分である置いてきぼりの気分である feel left out

週末にお出かけすることになった6人ですが、フィービーの様子が
おかしい?
ジョーイ「おもらししてる。」
モニカ「破水したのよ。」

“You’re leaking.”
“Your water broke.”

漏らす leak
(ここでは)羊水 water
破水する break
broke は break の過去形です。

コーヒーショップで知り合った男性と、デート帰りのレイチェル。部屋に
誘おうとしますが、ロスがいたので・・・。
レイチェル「また今度にしましょう。」

I’m gonna need a rain check.

gonna(話し言葉)= going to
またの機会、次のとき rain check
都合が悪いので、また今度にしてもらうときの決まり文句です。元々は
「雨天順延券」の意味。
【例】いずれまたご招待しましょう。
We’ll give you a rain check.

これが今のロスの現状。厳しい!
ロス「結婚式以来、妻と口も聞いてないよ。」

I haven’t spoken to my wife since the wedding.

~と話する speak to ~
spoken は speak の過去分詞です。
~とずっと話していない[現在完了・継続] haven’t spoken to ~
~以来ずっと since

 


第3話『フィービー、ついに出産!』
病院にかけつけたフィービーたち。受付で。
受付係「お父様はどの方?」
フィービー「父親は弟なの。」

“Which of you is a father?”
“The father is my brother.”

~のうちでどの人、どちら which of ~
このフィービーのセリフは爆笑です。受付の人の顔をみてください!

病院でひどい腹痛に見舞われたジョーイ。
医師「腎臓結石のようだね。」

I’m afraid you’ve got a kidney stone.

残念ながら~と思う I’m afraid ~
腎臓結石  kidney stone

とうとう赤ちゃんが生まれました!
モニカ「どんな顔?」
フランク(ジョヴァンニ・リビッシ)「すごくグロイ。」

“How does she look?”
“So gross !”

~に見える look
気持ち悪い[米俗語] gross
この場面も笑いますよ。

 


第4話『ロスが選ぶのはどっち?』

このエピソード、チャンドラー踊りが満載。モニカまで踊って最高に
オカシイ!・・・チャンドラー踊り(?)といえば、チャンドラーこと
マシュー・ペリー、映画「隣のヒットマン」でもこれ踊ってました!
久しぶりに、エミリーから電話がかかってきました。
エミリー(ロスに)「親戚に(電話して)迷惑をかけるのは、もうやめて。」

Stop harassing my relatives.

しつこく悩ます、苦しめる harass
親類、親戚 relative

エミリーとの仲を、なんとか修復しようとするロス。
ロス「ぼく、30歳前にバツ2になっちゃうよ。」

I’ll get divorced for the second time before I’m thirty.

離婚する get divorced
再び、二度 for the second time

ほめられたチャンドラーは、ウキウキ気分でつい暴走?(チャンドラー
踊り)モニカの怒りを買うことに。
チャンドラー「おれ、あのときは浮かれすぎたかな。」

Maybe I’ve got carried away before.

自制心を奪う carry away
【例】熱狂する、浮かれる
get carr ied away

 


第5話『お忍びでラブラブ旅行』
エミリーから、レイチェルと会わないようにと言われたロス。みんなと
話している最中に、当のレイチェルが帰ってきます。
レイチェル「何してるの?」
チャンドラー「モニカのマットレス裏返してる・・・。」

“What’s going on?”
“We’re flipping Monica’s mattress.”

[通例進行形で]起こる、発生する go on
裏返しにする、ひっくり返す flip

ロスがエミリーの要求をレイチェルに話そうとしていますが・・・。
ロス「鼻血が出てるよ。」

Your nose is bleeding.

出血する bleed

モニカとチャンドラーはお忍びで週末旅行に出かけますが、モニカは
部屋が気に入りません。
モニカ「海側の部屋をオーダーしたのに、ここ庭園側の部屋よ。」

This is a garden view room.
We paid for an ocean view room.

~に対して支払う pay for
paid は pay の過去形です。
(ホテルの部屋などが)海に臨む ocean view

ジョーイはチャンドラーの週末の出張が何か怪しい、と勘づきます。
ジョーイ「だれかがおまえの(ホテルの)部屋に、まつ毛ビューラー
置いてったってさ。」
チャンドラー「おれのだ・・・。」

“Someone left an eyelash curler in your room.”
・・・”That was mine.”

置き忘れる leave
left は leave の過去形です。
まつ毛 eyelash
巻くもの、カーラー curler
an eyelash curler 日本語では「ビューラー」と言います。
チャンドラーがビューラー使ってるなんて、想像しただけで笑っちゃい
ますよね。もちろん、ウソです。

 


第6話『雪男に胸キュン!』

エミリーは、家具を全部買いかえて部屋まで移るように、ロスに要求します。
チャンドラー「ちょっと行き過ぎだって思わないか?」

Don’t you think this is a little extreme?

(事情・程度などが)極端な、はなはだしい extreme

ロスに電話して、同じ部屋にレイチェルがいないかどうか確かめるエミリー。
「ロスもやっとわかってくれたのね。」

Ross knows better than that by now.

~するほど愚かではない、分別をわきまえている know better than ~
難しい表現ですが、よく出てきます。
【例】彼はギャンブルで有り金をはたくほど愚かではない。
He knows better than to spend all his money on gambling.

 


第7話『レイチェルは恋の法則ガール』
ロスに無理矢理、新しいアパートを探させるチャンドラーとジョーイ。
ロス「ワンルームにしては高いと思うけど。」

It’s kind of expensive for a studio.

費用のかかる、高価な expensive
~の割には、~としては for ~
ワンルームマンション studio apartment

見に行ったワンルームマンションは、ひどい所でしたが・・・。
ロス「ここ、借りたほうがいいと思うの?」

You think I should go ahead and take this place?

(話などを)進める go ahead
(家などを契約によって)借りる take

住む場所がなくなったロス。チャンドラーとジョーイのアパートで同居する
ことに。でも、ロスのやり方とチャンドラーとジョーイのやり方は、どうも
かみ合わないようで・・・。
ジョーイ「おれ、今にも切れちゃいそうだよ。」

I don’t know how much more of this I can take.

(非難などを)甘受する、耐え忍ぶ take
あと、どれくらいこんな事に耐えられるかわかんないよ。おれ今にも
切れちゃいそうだよ。
これも英語独特の表現。よ~く味わっておきましょう。

 


第8話『それぞれの感謝祭』

今日は感謝祭。6人はモニカの作ったごちそうを、たらふく食べました。
ロス「もう一口も入らないよ。」

I couldn’t possibly eat another bite.

[否定文で]どうしても、とても(~ない)  possibly
もう一つの another
(食べ物の)一口分 bite

大学生時代のチャンドラー登場。感謝祭の日に、ロスの家におじゃまして。
チャンドラー「おまえのデブな妹と同じ家で過ごすなんて、やだよ。」

I don’t want to be stuck here with your fat sister.

[受身で]動けなくなる、缶詰になる be stuck
デブの fat
この後ロスは気色ばみ、後ろで聞いていたモニカは傷つきます。・・・
というわけで、「太った」という意味で fat を使うと、露骨で非常に失礼です。
婉曲的に言いたい場合は、stout, plump などを使いましょうね。

レイチェルも、モニカの家にやって来ました。
モニカの母「あなたがまた専攻変えたって、あなたのママが言うのよ。」

Your mom tells me you changed your major again.

変える、変更する change
(大学の)専攻科目 major
参考ちなみに副専攻科目は minor といいます。


第9話『モニカはエッチ中毒?』
モニカのアパートのソファにすわっていると・・・。
フィービー「お尻の下に何かある?」

What am I sitting on?

~の上に腰掛ける sit on ~
フィービーのお尻の下から出てきたものは、何と男物のパンツ!
ここから、ひと騒動です。

結局、ジョーイが罪をかぶるはめに。
ジョーイ「おれは人の家でパンツを脱ぐんだ。」

I take my underwear off in other people’s home.

~を脱ぐ take ~ off
下着、肌着類 underwear

 


第10話『シスコン男にご注意!』
クリスマスチャリティーのため、募金活動しているフィービー。でも
通行人は勝手気まま?
通行人「小銭が要るんだよ。」

I’m making change.

小銭、両替銭、つり銭 change

同じアパートに住むダニー。レイチェルとデートしているはずなのです
が・・・。
レイチェル「彼女に腕を回してたの。」

He had his arm around her.

~の肩に腕を回す have one’s arm around ~

停職中で、することがないロス。ジョーイの役者修行だと、レポートを
書かせます。
チャンドラー「これ(を書くの)に、1日かかったのか?」

This took you all day?

(~するのに時間が)かかる take
took は take の過去形です。
1日中 all day (long)

 


第11話『新年の誓い』
今日はお正月
ジョーイ「おれの新年の誓いは、ギターを習うことだ。」

My New Year’s resolution is to learn how to play the guitar.

決意、決断 resolution
新年の決意、誓い New Year’s resolution
~する方法 how to ~
ギターを弾く play the guitar
重要!基礎事項!「(楽器を)演奏する」の play の後ろには
the が来ますよ。
再確認しておきましょうね。
参考 テニスをする
play tennis

これ、超頻出日常英会話表現です。
ロス「トイレを借りてもいいかな?」
女性「ええ、どうぞ。」

“Do you mind if I use your bathroom?”
“Go ahead.”

~しても構いませんか? do you mind if ~?
(相手に許諾を与えるときに)どうぞ。 Go ahead.

モニカ&チャンドラーの熱愛を、ず~~っと黙っていたジョーイ。でも
レイチェルが気がついて・・・。
ジョーイ「おれ、ずっと死ぬほどだれかに言いたかったんだ。」

I’ve been dying to talk to somebody about this !

I’ve = I have
have been +動詞の-ing形→現在完了進行形
~がしたくてたまらない be dying to ~
~と話す talk to ~

 


第12話『ゴマすりチャンドラー』
モニカ&チャンドラーの熱愛を知ってしまったレイチェル。いろいろ
ジョーイに聞きますが、
ジョーイは興味がないようで・・・。
レイチェル「どっちからキスを求めたの?」

Who initiated the first kiss?

始める initiate

傷心のロスは、チャンドラーの元カノ、ジャネスと一夜を共にして・・・?
ジャネス「わたしを責める前に、ちょっと考えてみて。」

Just take a moment before you judge me.

少しの間 moment
~を非難する、判断する judge
チャンドラーが、まだイエメンにいると信じているジャネス。
笑いますよ。

ジャネスと関係を持ったことを、チャンドラーに告白したロス。最初は
笑って相手にしなかったチャンドラーですが・・・。
ロス「友達の血縁関係の女の子とは、関係を持たないものだろ。」

You don’t fool around with your friends’ girl they’re related to.

いちゃつく、浮気をする[米俗語]  fool around
~と親類の、血縁の related to
チャンドラーの顔色が変わったのは、モニカがロスの妹だからですね!

 


第13話『ジョーイのバッグ』
フィービーのおばあちゃんがご逝去。そのときの様子は・・・?
フィービー「ヨーグルトを取ろうとして、かがんでたの。」

She bent down to get some yogurt.

体を曲げる、かがむ bend down
bent は bend の過去形です。
ヨーグルト yogurt

ジョーイは、女物のかばんがとても気に入ったようです。
ジョーイ「便利だし、似合うだろ。」

It is handy and it is becoming.

便利な、役立つ handy
似合う、魅力的な becoming

モニカのマッサージは痛くてたまりません。
チャンドラー「君のマッサージは、だれよりも下手だ。」

You give the worst massages in the world.

最悪の、最低の the worst
worst は bad の最上級です。
マッサージ、もみ療治 massage

 

海外ドラマ「フレンズ」その他のシーズンへは、
こちら↓から飛んでくださいね。

第1シーズン 第2シーズン 第3シーズン 第4シーズン
第5シーズン 第6シーズン 第7シーズン 第8シーズン
第9シーズン 第10シーズン

 




-フレンズ
-,

執筆者:

関連記事

ハリウッド映画女優のインタビューで英会話/ハル・ベリー

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 ハル・ベリー Halle Berry 彼女は、母親が白人、父親が黒人という家庭に生まれました。 父はアルコール中毒で、母親と姉に暴力 …

海外ドラマ「フレンズ」の英語セリフで英会話/第6シーズン1~8話

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 ♪モニカ役コートニー・コックス結婚! 第3シーズンでゲスト出演したディビッド・アークエットと、モニカこと コートニー・コックスが結婚 …

海外ドラマ「フレンズ」の英語セリフで英会話/第9シーズン1~8話

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 海外ドラマ「フレンズ」で英会話!/第9シーズン 第1話「プロポーズの行方」 第2話「ホントに泣きたいのは誰?」 第3話「ジョーイの怪 …

海外ドラマ「フレンズ」の英語セリフで英会話/第2シーズン17~24話

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 海外ドラマ「フレンズ」で英会話!/第2シーズン 第1話~第8話 第9話~第16話 第17話『新しいルームメイト』 第18話『初めての …

海外ドラマ「フレンズ」の英語セリフで英会話/第7シーズン9~16話

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 海外ドラマ「フレンズ」で英会話!/第7シーズン 第1話~第8話 第9話「フィービー夢の自転車」 第10話「アルマジロ・クリスマス」 …