海外ドラマ「アウトランダー」第2シーズン
第1話『鏡の中にあるごとく』
第2話『スコットランドは彼方へ』
第3話『全ては目的のために』
第4話『ラ・ダム・ブランシュ』
第5話『早すぎる再起』
第6話『破綻』
第7話『フェイス』
第8話『予言者』
第9話『ジュ・スウィ・プレ』
第10話『苦い酒』
第11話『悪夢の真相』
第12話『最後の願い』
第13話(最終話)『時を超えて』



第1話『鏡の中にあるごとく/Through a Glass, Darkly』

クレアは、ストーンサークルの前で目が覚めます。18世紀の服を着たまま
歩き出すクレアの後ろから、車が近づいて来ました・・・。1948年の世界
に戻ったクレアは、フランクと再会します。フランクはクレアが戻って
来て嬉しそうでしたが、まだ真実を知らないままでした・・・。


クレアはフランクに、失踪していた2年間に何があったのか、
話そうとしています。
クレア「最後まで質問はしないで。」

Save any questions you have until the end.

取っておく、残しておく save
【例】明日の昼食に残り物を取っておこうよ。
Let's save the leftovers for tomorrow's lunch.
最後/終わりまで until the end






上の場面の続きです。クレアが失踪したとき、他の男と駆け落ちした
のではないか、という憶測が流れていました。
フランク「心の底では、君が選んで僕と離れたんじゃないって
分かってた。」

Deep down I knew that you did not choose to leave me.

心の底では、内心は deep down
【例】心の底では、誰しもがお前と同じくらい邪悪だと?
お前だけだ。
Deep down, everyone's as ugly as you?
You are alone.
映画「ダークナイト」バットマンのジョーカーへのセリフより
離れる、別れる leave

クレアがフランクに、怒って言います。
クレア「二度と私の前で”むちで打つ”という言葉を
使わないで。」

Don't ever use the word "flog" in my presence again.

~だけはするな don't ever ~
【例】二度とこの界隈に来るな。
Don't ever come around this neighborhood again.
言葉を使う use the word
むちで打つ flog
~の前で、~のいるところで in one's presence



第2話『スコットランドは彼方へ/Not in Scotland Anymore』

ランダルの仕打ちが忘れられないジェイミーは、たびたび悪夢にうなさ
れていました。ジェイミーのために薬草を買いにやって来たクレアは、
そこの店主レーモンと友人になります・・・。


ジャレドの屋敷に住むようになったクレアは、召使たちに慣れることが
出来ません。つい自分のことは自分でしてしまいます。数時間出かける
クレアが召使に話します。
クレア「私のベッドをはがしてやり直すには十分時間があるはずよ。」

That should give you plenty of time to strip and remake my bed.

~のはずである should
【例】これは重宝するはずよ。
This should come in handy.
十分の/たっぷりの時間 plenty of time
(シーツなどを)はがす strip
やり直す remake
ベッドを整える、ベッドメーキングをする make a bed

ジェイミーとマータフは、剣の稽古をしています。
マータフ「お前のその左手はまだ子猫のように弱いな。」

That left hand of yours is still as weak as a kitten.

左手 left hand
~と同じくらい・・・ as ・・・ as ~
【例】トムは牛のようにものすごく強い。
Tom is as strong as an ox.
子猫 kitten

クレアは友人のルイーズから、メアリー・ホーキンズという
女性を紹介してもらいます。
クレア「お名前は以前にどこかで聞いたことがあるわ。」
メアリー「お会いしたことはないと思いますが。」
クレア「どうにかして思い出すでしょう。」

"I'm sure I've heard that name before somewhere."
"I don't believe we met."
"It will come to me somehow."

どこかで somewhere
(考えなどが)思い出される come to
【例】鮮明な記憶が思い出された。
A vivid memory came to me.
came は過去形
どうにかして somehow



第3話『全ては目的のために/
Useful Occupations and Deception』

ジェイミーは、チャールズ王子や大蔵大臣との懇談のために夜を徹して
出歩いていました。だんだん手持無沙汰になってきたクレアは、
慈善病院で看護師として手伝いを始めますが、ジェイミーはいい顔を
しません・・・。


フランス人との結婚が決まっているメアリーは、フランス人
男性に対して偏見を持っているようです。
メアリー「私の出身地では男性はそんなことしないわ。」
ルイーズ「それってどこ?月?」

"Men don't do that where I come from."
"Where is that? The moon?"

私の出身地 where I come from
【例】私の出身地では状況が違います。
Things are different where I come from.

クレアは、薬草店店主のレーモンに、悩み事を告白します。
クレア「私の生活が日ごとに型にはまった状態になってるの。」

My life has gotten more conventional by the day.

(~の状態に)なる get  gotten は過去分詞
型にはまった、陳腐な conventional
日ごとに、日に日に by the day
【例】日ごとに暖かくなっています。
It's getting warmer by the day.

ジェイミーは、チャールズ王子と大蔵大臣との懇談から
戻って来ました。
ジェイミー「チャールズは見かけより抜け目がないぞ。」

Charles is more canny than he seems.

(特に金銭的なことで)抜け目のない、賢明な canny
見かけより than someone seems
【例】サラは見かけよりずっといい人よ。
Sara is a lot nicer than she seems.



第4話『ラ・ダム・ブランシュ/La Dame Blanche』

クレアがチェスをするジェイミーに付き添っていると、召使から
さりげなく飲み物を勧められました。それを口にしたクレアは苦しみ
出しますが、その様子をじっとサン・ジェルマン伯爵が見つめて
いました・・・。


クレアとジェイミーは、生まれてくる子どもの名前について
話し合っています。
クレア「ダルハウジーなんて、くしゃみのように聞こえるわ。」

Dalhousie sounds more like a sneeze.

(~より)~のように聞こえる sound more like ~
【例】事実というより架空の話に聞こえるね。
It sounds more like fiction than fact.
くしゃみ sneeze

ジェイミーが、チャールズ王子について話しています。
ジェイミー「チャールズは、そうしたいと思えば
説得力がありうる。」

Charles can be convincing when he has a mind to be.

~することがありうる[可能性] can
説得力のある convincing
そうしたいと思えば when someone has a mind to be
【例】ソフィーはそうしたいと思えば、責任があって、勤勉で
勇敢なの。
Sophie is responsible, hardworking, and plucky
when she has a mind to be.

チャールズ王子の手には、噛み跡がありました。
クレア「ひょっとしてサルに噛まれたんですの?」

By any chance, was this bite by a monkey?

ひょっとして、もしかして by any chance
【例】あなたはひょっとしてミシガン州出身ですか?
Are you from Michigan, by any chance?
かみ傷 bite



第5話『早すぎる再起/Untimely Resurrection』

メアリーをめぐる騒動で、憲兵に連行されたジェイミーは、大蔵大臣
の口添えで、すぐに釈放されます。しかし無実の罪で捕えられた、
ランダル大尉の弟アレックスはバスティーユ監獄に拘留されたまま
でした・・・。


憲兵に連れて行かれたジェイミーは、大蔵大臣の口添えで
釈放されます。
クレア「高い地位の人に友人がいるのは幸運なことね。」

It's fortunate to have friends in high places.

~であることは幸運である it's fortunate to ~
【例】5日間休みが取れるのは幸運ね。
It's fortunate to get five days' off.
友人がいる have a friend
高い地位 high place

前夜、クレアたちを襲った賊は、なぜかクレアの顔を見ると
逃げていきました。
クレア「私を何か、ラ・ダム・ブランシュという名前の
架空の生き物と間違えたの。」

They mistook me for some mythical creature
named La Dame Blanche.

・・・を~と間違える mistake ・・・ for ~
【例】すみません。あなたをジョンと間違えました。
I'm sorry. I mistook you for John.
mistook は過去形
架空の、想像上の mythical
生き物 creature
~という名前の named

クレアはメアリーを訪ねます。
クレア「あなたの手助けになる薬草を持って来たの。
お湯で煎じるのよ。」

I brought you some herbs to help.
They're to be brewed in hot water.

持って来る bring  brought は過去形
薬草 herb
~することになっている be to ~
煎じる brew
【例】コーヒーを1杯入れるわね。
I'll brew you a cup of coffee.
湯 hot water



第6話『破綻/Best Laid Schemes』

ランダル大尉が釈放され、さあ決闘だ、と張り切るマータフに、
ジェイミーは決闘を撤回したことを伝えます。理解できずに怒りを
あらわにするマータフを見て、クレアとジェイミーは、真実を
告げるときが来た、と決意します・・・。


死刑の執行を職業とする男性が、クレアに細かく自分の仕事に
ついて説明しています。
執行人「いかにも優れた技能を要します。」
クレア「でしょうね。」

"That requires great skill indeed."
"I imagine so."

要する require
【例】彼女はたっぷり練習しなきゃね。
She requires a lot of practice.
高度な/卓越した/優れた技能 great skill
想像する、思う imagine

クレアはジェイミーの命を助けたことがあります。
ジェイミー「僕も同じように君を助けた、少なくとも同じ回数は。
おあいこに思える。」

I've saved yours as well, at least as often.
Seems to me we're even.

救う、助ける save
同じように as well
少なくとも at least
~のように思える seem to
五分五分、あいこ even
【例】また同点だよ。
The score is even again.

ジェイミーはクレアに、次のような約束をさせます。
ジェイミー「万一時が来たら、君は石を通り抜けて戻るんだ。」

If the time should come, you will go back through the stones.

時が来る the time comes
セリフでは should の後に来ていますので、3人称単数現在の s は
取れています。
万一[強い仮定] should
【例】万一ジョニーに会うことがあれば、よろしく伝えてください。
If you should see Johnny, send him my best wishes.
(二人称とともに)~しなさい、~してもらいます will
戻る、帰る go back
~を通り抜けて through ~
このドラマでは、クレアは石を通り抜けて/ through the stones
タイムスリップしたことになっています。



第7話『フェイス/Faith』

病院で目覚めたクレアは、お腹に赤ちゃんがいないことに気づきます。
彼女は赤ん坊に会いたいと懇願しますが・・・。高熱が続くクレアの
容態は予断を許しませんでした。
そこへレーモンがこっそり現れて、クレアに施術を施します。


ジェイミーは決闘の罪で投獄されました。クレアに。
マザー・イルデガルド「あなたの夫は、王が必要と認める期間
監獄にとどまるでしょうね。」

I'm afraid your husband will remain in prison
at the king's pleasure.

(残念ながら)~と思う、~のようだ I'm afraid ~
~にとどまる remain in
王が許すまで、王が必要と認める期間 at the king's pleasure
【例】私たちは王が必要と認める期間仕えます。
We serve at the king's pleasure.

ファーガスは、ジェイミーのお供としてエリースの館へ行った
ときの出来事を話しています。
ファーガス「僕は盗みの才能があって、我慢できなかったんです。」

I have a talent for stealing and I couldn't resist.

~の才能がある have a talent for ~
【例】君は議論に勝つ才能があるんだな。
You have a talent for winning arguments.
盗む steal
我慢する、抵抗する resist

マザー・イルデガルドは、赤ん坊にフェイス(Faith)という
名前をつけました。
クレア「マザー・イルデガルドはとても風変わりな
ユーモアのセンスがあるわね。」

Mother Hildegarde has a very odd sense of humor.

~なユーモアのセンスがある have/has a ~ sense of humor
【例】みんな違ったユーモアのセンスがある。
Everyone has a different sense of humor.
奇妙な、風変わりな odd


第8話『予言者/The Fox's Lair』

スコットランドに戻ったジェイミーとクレアは、ラリーブロッホで
じゃがいもを作ったりしながら、平穏な一時を過ごしていました。
そんなジェイミーの元へ、フランスから手紙が届き、ジェイミーは
チャールズのために挙兵せざるを得なくなりますが・・・。


ジェイミーは、クレアが未来を変えてきた、と言います。
ジェイミー「パリは君のおかげで天然痘の発生を免れた。」

Paris was spared an outbreak of smallpox because of you.

免れさせる spare
発生、勃発 outbreak
天然痘 smallpox
~のおかげで because of ~
【例】君のおかげで本が書けたよ。
I could write a book because of you.

参戦するジェイミーたちに、まだ少年であるファーガスが
ついて来る、と言います。
ジェイミー「ファーガスを戦闘からじゅうぶん離しておくよ。」

We'll keep him well away from the battle.

・・・を~からじゅうぶんに離しておく keep ・・・ well away from ~
【例】子どもたちを作業区域からじゅうぶんに離しておくことを
強くお勧めします。
We strongly recommend that you keep children well away
from the work area.
戦闘 battle

ジェイミーとクレアは、頑固者で偏屈なジェイミーの祖父、
ラヴァット卿を訪ねてきました。
クレア「あなたの祖父に会う前に、少し小ぎれいにする機会が
あればよかったんだけれど。」

I wish we'd had a chance to freshen up a bit
before meeting your grandfather.

(過去の事実に反して)~していればよかったのにと思う wish
~する機会がある have a chance to ~
セリフの had は過去分詞
【例】大きな規模で歴史に残ることをする機会があるだろうか?
Do we have a chance to make history on a grand scale?
(着替えをしたりして)さっぱりする freshen up



第9話『ジュ・スウィ・プレ/Je Suis Prest』

ジェイミーたちはマータフと合流しますが、そこにはドゥーガルたち
も戦うために集まっていました。ジェイミーはスコットランド軍の
メンバーが、農夫たちばかりであることを考慮して、訓練が必要だ
と考えますが・・・。


ウィリーが結婚したと聞いて、クレアがルパートたちに言います。
クレア「結婚はあなたたちに、いくらかためになりうるのよ。」

Marriage could do you all some good.

ためになる、役に立つ do good
【例】地元の商品は役に立つだろう。
Local goods will do us good.
あなたたち、皆さん you all

士気の上がらないメンバーたちに、ジェイミーが話しています。
ジェイミー「軍隊に勝つには勇気を超えるものが必要だと分かった。」

I realized it takes more than courage to beat an army.

(はっきりと)理解する realize
(労力などを)必要とする take
【例】運転免許試験に合格するには、47レッスンが必要だ。
It takes 47 lessons to pass the driving test.
勇気 courage
軍隊に勝つ beat an army

クレアがジェイミーと話しています。
クレア「2年間、私はこの戦争が起こるのを止めようとしたわ。」

For two years, I've tried to stop this war from coming.

~しようとする try to ~
セリフの tried は過去分詞形
・・・が~するのを止める stop ・・・ from ~
【例】彼がその映画が作られるのを止めようとした。
He tried to stop the movie from being made.
(災難などが)起こる、生じる come
coming は現在分詞。e が取れます。
come には他に「来る」などの意味もあります。



第10話『苦い酒/PRESTONPANS』

チャールズ王子率いるスコットランド軍は、沼地をはさんでイング
ランド軍とにらみ合いを続けていました。先制攻撃するべきだ、と
主張する将校と、有利な地にとどまるべきだとするマリー司令官と
の間で意見がわかれますが・・・。


クレア「どんなに多くの戦いに勝つにしても、勝利は
永久に手の届かないままであろう。」

No matter how many battles we might win,
victory would remain forever out of reach.

どんなに多くの~を~しても ho matter how many ~
戦闘、戦い battle
勝利 victory
依然として(~の状態)のままである remain
永久に forever
手の届かない out of reach
【例】マッチは子どもの手の届かないところに置いてください。
Put the matches out of reach of the children.

クレアは、女性たちを集めて、野営病院を設営しています。
クレア「けが人の世話をするのは私たちの責任なの。」

It is up to us to tend to the wounded.

~の責任で up to ~
【例】私のきょうだいは空腹で、食料を調達するのは私の責任だ。
My siblings are hungry and it's up to me to get them food.
~の世話をする tend to ~
けが人、負傷者 wounded

マータフは攻撃を前に、やたらと剣を研ぎ続けています。
ジェイミー「その砥石を下に置かないと、刃が研げすぎて
針になっちまうぞ。」

If you don't put that whetstone down,
you'll be grinding that blade to a needle.

下に置く put down
砥石 whetstone
(刃物などを)研ぐ grind
【例】ナイフを研ぐのに30分ほどかかった。
It took about half an hour to grind a knife.
刃、ナイフ blade
針 needle



第11話『悪夢の真相/VENGEANCE IS MINE』

ハイランド軍は、ロンドンまであと5日というところで退却すべきで
ある、という意見が大勢を占めていました。ジェイミーたちには、
インヴァネスに進軍するよう命令が下りますが、途中イングランド軍
に囲まれ、絶体絶命に陥ります・・・。


ハイランド軍は、ロンドンまであと5日というところまで
来ていましたが、敵が優勢なことに変わりはありません。
チャールズ王子「黙っている場合ではないぞ。」

This is no time for silence.

~の時ではない、場合ではない this is no time for ~
【例】ためらっている場合ではない。
This is no time for hesitation.
沈黙 silence

クレアは、自らがハイランド軍に捕らえられていた、と
策を練って、ジェイミーたちを助けました。クレアは
イングランド軍と行動を共にしています。
クレア「方向感覚を失うのに長くはかからなかった。」

It didn't take long to lose my sense of direction.

~するのに長くかからない not take long to ~
【例】オムレツを料理するのは長くかからないよ。
It doesn't take long to cook an omelette.
方向感覚 sense of direction

クレアはジェイミーが跡を追ってきやすいように、何か
印をつけたかったのですが・・・。
クレア「残念ながらパンくずが足りなかった。」

Unfortunately, I was short of bread crumbs.

残念ながら、あいにく unfortunately
~が足りない be short of ~
【例】困ったことにお金が足りないよ。
The trouble is that we are short of money.
パンくず bread crumb



第12話『最後の願い』

カローデンの戦いを必死に阻止しようとする、クレアとジェイミー
の努力も虚しく、戦いは刻一刻と迫ってきます。一方、クレアは
薬草店でメアリーと再会します。メアリーによるとアレックスの
容態が良くない、とのことですが・・・。


ハイランド軍は、飢えと疲れのために士気を失っていました。
クレア「私はそれを目の前にしてすっかり無力感を覚えた。」

I felt completely helpless in the face of it.

完全に、まったく、すっかり completely
無力感を覚える feel helpless  felt は過去形
~を目の前にして in the face of ~
【例】彼はとても勇敢なので、危険を前にすると笑う。
He's so brave that he laughs in the face of danger.

ルパートは機嫌が悪いようです。ロスに。
ルパート「汚い手をのけろ。」

Take your filthy hands off me.

~から離す take off
【例】脚を地面から離して、曲げた脚を引き寄せなさい。
Take your legs off the ground and bring the bent legs
up toward you.
汚い filthy

マータフも、いよいよ最後の決戦が近づいてきたことを実感します。
マータフ「カローデン湿原はここからたった数マイル東にある。」

Culloden Moor lies but a few miles east of here.

湿原地、原野 moor
カローデン湿原 Culloden Moor
スコットランド、インヴァネス近郊の湿原地。1746年、ジャコ
バイト軍と英国軍が戦いをおこない、ジャコバイト軍が完敗した地。
(土地などが)~に位置する lie
たった but(= only )
ここから東に east of here
【例】シカゴはここから20マイル東よ。
Chicago is 20 miles east of here.



第13話(最終話)『時を超えて/Dragonfly in Amber』

1968年。ウェイクフィールド牧師が亡くなり、養子であるロジャー
は、弔問客の訪問を受けています。その中にはクレアの姿があり
ました。ロジャーは、クレアといっしょにいる赤毛の若い女性が
気になりますが・・・。


クレアは、ロジャーに娘のブリアナを紹介します。
クレア「(ブリアナは)ハーバードで歴史学を専攻しているの。」

She's a history major in Harvard.

(大学の)専攻学生 major
【例】大学で心理学を専攻しています。
I'm a psychology major in college.

ブリアナはロジャーに、自分たちはすぐにロンドンに帰る、と
説明しています。
ブリアナ「お母さんが弔問に訪れられるように1日
立ち寄っただけなの。」

We only came up for a day so Mother could pay her respects.

(家などに)立ち寄る come up  came は come の過去形
1日 for a day
~するように[接続詞] so
弔問に訪れる pay one's respects
【例】弔問に訪れました。
I came by to pay my respects.

宿を探さなければならない、と言うクレアたちに、ロジャーは
牧師館に泊まってはどうか、と提案します。
ブリアナ「観光を楽しむチャンスができるわね。」

It'll give me a chance to take in the sights.

(人)に~する機会/チャンスを与える give someone a chance to ~
【例】説明する機会を与えていただけますか?
Would you give me a chance to explain?
観光を楽しむ take in the sights



海外ドラマ「アウトランダー」その他のシーズンへは、
こちら↓から飛んでくださいね。
第1シーズン 第2シーズン 第3シーズン 第4シーズン 
第5シーズン 第6シーズン


スポンサードリンク