英語学習について

英字新聞・洋書など英語リーディングを極める方法

投稿日:2017-10-06 更新日:

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】

このページの目次:

1.洋書読破にチャレンジ!
2.英語リーディング力を鍛えるには

 


1.洋書読破にチャレンジ!

TOEICのリーディング、英字新聞や洋書を読むなど、英語を学習する
上で、初級英語から中級英語、さらには上級英語への力をつけていく
のに欠かせないのが、英文を読んで理解する力、リーディング力です。

英語の文章を理解してインプットすることは、アウトプット、つまり
英語の文章を自ら書いたり、英語を自ら話したりすることにもつながり
ます。

英文リーディングの究極の目標は、英字新聞や洋書を読んで、英語を
英語のまま理解することです。




では、どうすれば英字新聞や洋書を、英語のまま
理解できるようになるのか、わかりますか?

私自身、150冊を超える洋書を読んできました。一番最初に洋書を読み
始めたのは、大学生のときです。今でも覚えていますが、最初に手に
した洋書は「ネバー・エンディング・ストーリー」でした。
ご存知ですか?(ちょっと古くてすみません・・・)

映画に魅せられて、ぜひ原書で読んでみたいと思ったのです。
最後まで読みましたが、映画でストーリーがわかっていたことも
あって、理解度は60~70%くらいだったと思います。

その後洋書は、読む冊数を重ねるごとに、英文が読みやすく感じ
られます。もちろん、いまだにわからない英語表現・英単語は
出てきます。

そんなに重要ではなさそうで、1回きりしか出てこないような
英語表現・英単語は、もう流しています。

この、辞書をいちいち引かない、というのは案外大切なのです。
辞書を何度も引きながら読んでいては、疲れてしまいます。
100%を目指さずに、大筋を理解するつもりで、どんどん
読み進めていったほうが、リーディング力はつきます!

とはいえ、
「私には、洋書150冊も読めそうにないな。」と思われますか?

最初は対訳つきでも、ペンギン・リーダーズの少ない単語数で
書かれたものでも、1回、日本語で読んだものでも何でもいい
です。絵本でもいいです。

易しい、あなたの英語レベルに合った、1冊目の
洋書を選ぶことが大切です。

易しい洋書から読んでいって、だんだん難易度を上げていくと、
1冊読むごとに、とてつもない英語ヂカラがついてきます。

洋書を読破したことがない、というあなた、まずは1冊目から
チャレンジしてみませんか?(^^)

 


2.英語リーディング力を鍛えるには

「英語リーディング力はどうやって鍛えればいいですか?」
というご質問をいただくことがあります。

理想は、英字新聞や洋書をサクサク読めればいいのでしょうが、
いきなりは実現できません。順番を踏んでいきましょう。

まず、リーディングにはある程度の語彙力と文法力が必要です。
いえ、難しいことではありません。

中学レベルの語彙、文法力があればじゅうぶんです。

自信のある方、中学校で英語の成績が良かった方は
いきなり洋書にチャレンジしてもいいでしょう。

そうでない方は、中学校の語彙と英文法を復習しましょう。

そして、まずは易しい洋書にチャレンジしてください。
ペンギンリーダーズって今でもあるみたいですね。
レベル毎に洋書がそろっています。

時間がある方は、易しめの洋書を多読するだけで
ものすごく力がついてきます。

私が最初に、最後まで読むことができた洋書は、
“The Neverending Story”です。

読めた原因は2つあります。

1つは、読む前に映画を見ていて、ストーリーがわかって
いたこと。もう一つは、アマゾンを見てみると対象が
9~12歳となっています。

英文が平易だったのです。

このように、最初にチャレンジする洋書は、対象年齢が低い、
平易な英文で書かれたものを選ばれることをおススメします。

私が”The Neverending Story”を読んだあとは、
Agatha Christieの洋書を読み漁りました。

何年もかけて70数冊は読んだと思います。
Agatha Christieの洋書も、比較的平易な英文だったのを覚えて
います。

しかも推理物だから面白くってしかたない!
ほんとに夢中になって読んでいました。

最近では、Harry Potterシリーズでしょうか?

この本も青少年向けに書かれたものですので、比較的英文が
平易で、そして、面白いです!

あと、私は読んでいませんが、”The Hunger Games”や
“Twilight”もヤングアダルト向けですし、いいかもしれませんね。
(映画が面白かったです^^)

こうして易しめの洋書を読んだあと、難しめの洋書や英字新聞に
チャレンジしてください。

易しい洋書ですでに力をつけていますから、ずいぶん読みやすく
感じられて嬉しくなってくると思います。

このように、英語リーディングは
まず最低限の語彙と文法力、次に易しい洋書から
順に読んでいくと、確実に力がついてきます。
頑張りましょう

 




おすすめ関連記事
ネイティブのように英会話をスラスラ話すための4つのポイント
リスニング―映画・海外ドラマの英語セリフを聞く力を身につける
英語をスラスラ書くための、とっておきのマル秘方法
要注意:英会話に英文法は必要!

-英語学習について
-

執筆者:

関連記事

リスニング―映画・海外ドラマの英語セリフを聞く力を身につける

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 このページの目次: 1.英語をがむしゃらに聞いてもリスニング力はアップしない 2.具体的な英語リスニングトレーニング方法 &nbsp …

英語をスラスラ書くための、とっておきのマル秘方法

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 英語の文章をスラスラ書けるようになるため、 つまり英文ライティング能力を鍛えるためには、 どんな方法があるでしょうか。 私の知人は、 …

要注意:英会話に英文法は必要!

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 このページの目次: 1.英文法の重要性 2.ネイティブは子どもだって複雑な英文法を駆使してる 3.英文法がわかれば英文の構造がわかっ …

ネイティブのように英会話をスラスラ話すための4つのポイント

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 このページの目次: 1.英語を話すシチュエーション 2.英文フレーズを覚える意味 3.英会話スクールの実態 4.英語が話せるトレーニ …