その他海外ドラマ

海外ドラマ「BELIEVE/ビリーブ」の英語セリフで英会話

投稿日:2017-09-20 更新日:

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】

~「BELIEVE/ビリーブ」とは?

冤罪で服役中、死刑の執行を待っていたばかりのテートの元へ、
一人の神父が訪ねてきます。
神父は、ボーという特別な少女を守る約束をするのなら、脱獄を
手伝おう、と驚くべき提案をしてきます。
時間ぎりぎりに提案をのんだテートは、脱獄に成功し、ボーが
入院しているという病院にやって来ます。
初めてボーを見たテートは、なぜか泣いてしまいますが・・・。
J・J・エイブラムスとアルフォンソ・キュアロンがタッグを組んだ、
話題のサスペンス・ドラマです。
日本ではAXNで放送。

 

「BELIEVE/ビリーブ」キャスト
ジェイク・マクロクリン…冤罪で死刑囚となったテート。特別な少女、ボーを守る任務を負わされる。
ジョニー・セコイヤ…超能力を持つ少女、ボー。その能力ゆえ、組織に追われている。

 

海外ドラマ「BELIEVE/ビリーブ」

第1話『超能力をもつ少女』
第2話『オーケストラ計画』
第3話『出生の秘密』
第4話『脅威のライバル』
第5話『超能力VS.超能力』
第6話『リベンジ』
第7話『囚われの父娘』
第8話~第13話


第1話『超能力をもつ少女』

冤罪で服役中、死刑の執行を待っていたばかりのテートの元へ、
一人の神父が訪ねてきます。
神父は、ボーという特別な少女を守る約束をするのなら、脱獄を
手伝おう、と驚くべき提案をしてきますが・・・。

 

脱獄に成功したテートは、脚に追跡装置を取り付けられます。
チャニング「外したかったら、脚を切断するしかないでしょうね。」

If you want it off, you’ll have to chop off your leg.

~を外したい want ~ off
【例】コンピューターからこれらのプログラムを外したいんだけど。
I just want these programs off of my computer.
切断する chop off




テートは病院内で、捜していた少女、ボーを見つけます。
ボー「あなた臭い。」
テート「下水管に落ちたんだ。でも洗ってもらったよ。」
ボー「でも臭い。」
テート「臭くないよ。」

“You stink.”
“I fell in a sewer. But they washed me off.”
“You still stink.”
“I don’t.”

悪臭がする stink
~に落ちる fall in ~
fell は fall の過去形です。
下水管 sewer
洗い落とす wash off

ボーは、病院でボーをテートから奪おうとした女性のことを
心配しています。
ボー「(注射器で)彼女のお尻を力いっぱい刺したから。」

I stabbed her hard in the butt.

・・・の~を刺す stab ・・・ in the ~
【例】弟が私の腕を鉛筆で刺した。
My brother stabbed me in the arm with a pencil.
力いっぱい hard
尻 butt

 


第2話『オーケストラ計画/Beginner’s Luck』

テートとボーは、ウィンターたちとの合流地点、フィラデルフィア
を目指します。
一文無しの二人は、ボーの超能力を生かして、カジノでお金を
稼ごうとします。が、テレビには、脱獄犯のテートの顔写真が
流れていました・・・。

 

バスの中で。ボーはテートにもたれて眠っていました。
テート「俺から離れろよ。
よだれ垂らしてるぞ、まったく。」

You wanna get off me?
You’re drooling, for Pete’s sake.

wanna = want to
~すべきである want to ~
特に二人称を主語として、忠告を表します。
~から離れる get off ~
よだれを垂らす drool
まったくもう、よせよ for Pete’s sake

ウィンターたちは、FBIとスクーラス博士、両方から追われて
いるテートたちを、助けようと作戦を練っています。
ウィンター「テートとボーは、数日ごとに隠れ家が必要だろう。」

Tate and Bo will need a safe house every few days.

隠れ家 safe house
数~ごとに every few ~
【例】ここでは、大規模な病気の流行が数年ごとに起こります。
Here, major epidemics occur every few years.

エリザベスFBI捜査官は、スクーラス博士と面会しています。
エリザベス「私がなかなか理解できないのは、どのようにして
この少女が逃げたかなの。」

What I’m having a hard time figuring out is
how this little girl got away.

~することは[関係代名詞] what
なかなか~できない、~するのに苦労する have a hard time ~ing
【例】私はなかなか寝つけないの。
I have a hard time getting to sleep.
理解する figure out
逃げる、逃亡する get away

 


第3話『出生の秘密/Origin』

ウィンターは、秘密裏にスラークス博士から呼び出しを受けます。
二人はかつて同じ研究所で働いていました。その研究所には、
ボーの母親ニーナがいましたが、彼女もまた特殊な能力の
持ち主でした・・・。

 

スラークス博士がウィンターに言います。
スラークス博士「ボーは、本当に特別になる機会を与えられる
価値がないかな?」

Doesn’t Bo deserve a chance to be truly extraordinary?

~になる/する機会を与えられる価値がある deserve a chance to ~
【例】ぶらぶらしてリラックスする機会を与えられる価値があるよ。
You deserve a chance to hang out and relax.
真に、本当に truly
特別な extraordinary

女性のネックレスを盗んだテートを、ボーは責めます。
ボー「彼女は愛する人を失ったのよ。」
テート「うーん、俺も同じだ。」

“She lost someone she loves.”
“Well, join the club.”

こちらも同様だ。 Join the club.
【例】「お金がないよ。」「同じだ!」
“I have no money.”
Join the club!”

テートは、脱獄してからここ数日は最悪だった、と文句を
言っています。
テート「これと比べると刑務所は休暇だった。」

Prison was a vacation compared to this.

刑務所 prison
~と比べると compared to ~
【例】私たちの心配事は、あなたの大問題と比べると
取るに足りないわね。
Our concerns are trivial compared to your big problems.

 


第4話『脅威のライバル/Defection』

FBIとスラークス博士の捜索網を抜けて、テートとボーは廃屋の
隠れ家にたどり着きます。
そこでテートがうたた寝をしている間に、ボーは塀に隠されて
いた手紙と指輪を見つけて、一人で外へ出てしまいます・・・。

 

FBIは、テートとボーを追っています。
捜査官「(テートとボーは)角を曲がって、地下鉄の駅に
向かいました。」

They rounded the corner and headed for the subway station.

(角などを)曲がる[他動詞] round
round には他に形容詞で「丸い」などの意味もあります。
角を曲がる round a corner
~に向かう head for ~

文句ばかり言っているテートに、ウィンターが言います。
ウィンター「10歳の子に人生の教訓を教わるのはどんな気持ちかね?」

How does it feel to be given life lessons by a ten-year-old?

~とはどんな感じ/気持ちですか? how does it feel to ~?
【例】有名な歌手の母親ってどんな感じですか?
How does it feel to be the mother of a famous singer?
講義をする give a lesson
given は give の過去分詞形
人生の教訓 life lesson

テートとボーが一時的に身を隠した場所は、寒い廃屋でした。
テート「ここは子ども向けの場所じゃないよ。」
ボー「それほど悪くないわよ。」
テート「おまえ基準が低いな。」

“This is no place for a kid.”
“It’s not that bad.”
“You have low standards.”

~の必要に合う、ふさわしい[適応] for ~
それほど~ではない not that
基準が低い have low standards
【例】私って食物の基準が異常に低いの。食中毒にならないのよ。
I have exceptionally low standards for food.
I can’t get food poisoning.

 


第5話『超能力VS.超能力/White Noise』

テートとボーは、隠れ家のアパートにたどり着きます。近所には
ベンというライターが住んでいました。そのベンの元に、
匿名の人物から電話がかかってきます。相手は超能力に関わる
特大級のスクープを提供する、と言いますが・・・。

 

ライターのベンが住むアパートに、匿名の人物から電話がかかって
きます。相手は、今すぐパソコンを見ろ、と言ってきます。
ベン「どうやって僕のシステムに入り込んだんだ?」
謎の人物「それがどうした?」

“How’d you get into my system?”
“Does it matter?”

~に入り込む get into ~
システム、機構 system
それがどうした?/かまうもんか。 Does it matter?
【例】おまえが8歳であろうと18歳であろうと、かまうもんか。
Does it matter whether you are 8 or 18?

隠れ家のアパートにたどり着いた、ボーとテートが話しています。
ボー「私のお腹、グーグー鳴ってる。」
テート「おまえ警察みたいにドアをバンバンたたいてるぞ。」

“My stomach’s growling.”
“You’re banging on the door, like you’re the police.”

(お腹が)グーグー鳴る growl
【例】お腹がグーグー鳴ってるわ。大食いできそう。
My stomach is growling. I could eat like a horse.
~をバンバンたたく bang on ~
~のように like ~

タリンがテートに、ボーとのことを聞いています。
タリン「なぜボーといっしょに旅をしているの?」
テート「話せば長い。」

“Why are you traveling with her?”
“Long story.”

(遠方へ乗り物で)行く、旅行する travel
話せば長い。 Long story.
【例】「週末はどうだった?」「話せば長いよ。」
“How was your weekend?” “Long story.

 


第6話『リベンジ/Sinking』

ボーに促され、テートは一人、故郷へ戻って来ます。テートは
冤罪で服役していたのですが、裏切った犯人を突き止める
つもりでした。一方、テートがいなくなったことを知った
ウィンターたちも、テートを追い、彼の父親宅を訪れますが・・・。

 

8年前。だまされたことを知ったテートは、警察に自首しようと
仲間に話しています。
テート「模範囚なら、最高で2年で出所できる。」

Good-behavior, we’ll get out in two years, max.

模範囚に対する減刑 good-behavior = good-behavior time credit
出所する、外へ出る get out
最大で、最高で max
【例】そのヒーターは、最大10年もつかもしれない。
The heater might last for 10 years, max.

チャニングは、テートがいなくなっていることに気づきました。
チャニング「テートがいなくなったわ、どうにかして追跡装置を
外したの。」

Tate’s gone and somehow he got his tracker off.

(人が)いなくなった gone
どうにかして somehow
~を外す get off
got は get の過去形
【例】どうやってこの回し車を外せるの?
How can I get off this hamster wheel?
追跡装置 tracker

テートは故郷に戻り、昔の仲間を訪ねます。
テート「奴のせいで俺は投獄された。」

He’s the reason I went to prison.

(人の)せいで~ someone is the reason ~
【例】おまえのせいで自制できない。
You are the reason I can’t control myself.
投獄される go to prison
went は go の過去形

 


第7話『囚われの父娘/Bang and Blame』

テートはボーが自分の娘だと知り、動揺しつつ、いつボーに
そのことを話そうかと悩みます。
そんな折、スクーラスの手下が追いついて来て、ボーを麻酔銃で
撃ってしまいますが・・・。

 

ウィンターがテートに話しています。
ウィンター「あなたは未来を予測することはできない。
ほとんどの人ができない。」

You can’t see the future.
Very few people can.

~を予見/予測する see
ほとんどの(~が)ない very few ~
【例】ほとんどの友人はクリスマス直前に時間が割けない。
Very few friends can spare the time just before Christmas.

意識不明のボーを助けるため、ウィンターが誰かに電話しようと
しています。ウィンターが迷っているのを見て。
テート「誰であろうと、今すぐに電話しろ。」

Whoever it is, you’re gonna make the call right now.

それが誰であろうとも whoever it is
性別が不明なので、it となっています。
gonna = going to
~しろ[話者の決意] be going to ~
【例】言いつけたとおりにするんだよ。
You are going to do as I tell you.
電話をする make a call
今すぐに right now

ウィンターは、元同僚のゾーイに助けを求めています。ボーの
意識が戻らないのです。
ウィンター「鎮静剤はそろそろ効果が消えたはずだ。」

A tranquilizer should have worn off by now.

鎮静剤 tranquilizer
~したはずである should have +過去分詞
【例】飛行機は関西空港に到着したはずだ。
The plane should have arrived at Kansai Airport.
(効果などが)徐々に消えていく wear off
worn は wear の過去分詞形です。
今頃はもう、そろそろ by now

 




-その他海外ドラマ
-

執筆者:

関連記事

海外ドラマ「CHUCK/チャック」の英語セリフで英会話/第1シーズン1~7話

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 海外ドラマ「CHUCK/チャック」とは? チャックは、家電量販店でパソコン修理の仕事をする、冴えない オタク青年。 姉のエリーは、彼 …

海外ドラマ「CHUCK/チャック」の英語セリフで英会話/第2シーズン1~7話

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 海外ドラマ「CHUCK/チャック」第2シーズン 第1話『チャック VS 初デート/Chuck Versus the First Da …

海外ドラマ「フォーリング スカイズ」の英語セリフで英会話/第3シーズン1~5話

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 海外ドラマ「フォーリング スカイズ」第3シーズン 第1話『7ヶ月後/ON THIN ICE』 第2話『燃料基地を奇襲せよ/COLLA …

海外ドラマ「CHUCK/チャック」の英語セリフで英会話/第3シーズン8~13話

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 海外ドラマ「CHUCK/チャック」第3シーズン 第1話~第7話 第8話『チャック VS 偽名/Chuck Versus the Fa …

海外ドラマ「グッド・ドクター 名医の条件」の英語セリフで英会話

1年で384個のネイティブ英語フレーズを覚える【無料公式メルマガ】 ~海外ドラマ「グッド・ドクター 名医の条件」とは? 自閉症の青年医師ショーンは、膨大な医学書をすべて記憶し 瞬時に思い出すことができ …